いい肉の日には焼き加減や焼き方の種類を学ぼう - いい肉の日 2018年11月29日 -

お肉は大好きという人も、調理方法の種類や焼き加減にものすごくこだわっているという人も、いい肉の日には、思いっきり肉を味わってみましょう。
肉について沢山学ぶことで、より美味しくいただけることにもつながります。

-AD-

いい肉の日を前に行っておきたいこと

いい肉の日に向けて、万全な備えをしておきましょう。というのも、いい肉の日には、お肉屋さんや肉業界がたくさんのイベントを催しているからです。いい肉の日だけに、お得に良い肉を食べられるチャンスがあるという事です。もちろん、焼肉屋さんなどでいい肉の日の特典を享受するのも良いですし、時には自宅でいつもは食べないような部位や、種類を楽しんでみるというのもまたいい機会になるはずです。

いい肉の日を前に、行っておくべきことは、大きく分けて2つです。外食なら、イベントを開催するお店を探すこと。そして自宅で食べるという事なら、肉の焼き加減の研究や、肉の種類、また調理方法の種類を複数学んで、より深い肉料理を追求できるように心がけましょう。

肉の焼き方の種類はどんなものがあるのか

では、肉の焼き方といったらどのようなものを思い浮かべるでしょうか。炭火をおこして網で焼くという方法。フライパンで焼く方法。グリルで調理するという焼き方の種類もあります。また、アルミホイルと利用して調理するという調理の種類もあります。

アルミホイルに、お肉をいれて、焼くことで、ジューシーに仕上げることが出来たり、野菜なども一緒に焼くことが出来るので、一緒に野菜をたくさん食べたいという時などには便利な方法でもあります。肉の厚みによっては、中まで火が通っていないという事になることもあるので、焼き方の種類と、肉の厚みや種類について学び、どの種類の焼き方を選ぶことがベストかを知ることも大切です。

肉の大きさによって焼き方を変えていこう

家庭では、フライパンを利用して調理をすることが多いのではないでしょうか。しかし、非常に厚みのある肉を調理する際には、フライパンだけでは中まで火が入らず、生焼けという事になってしまうこともあります。肉の大きさによっては、じっくりゆっくりと火を入れる必要があるため、オーブン等を利用してみることもよいでしょう。また、たき火を利用して、豪快に大きな塊肉を焼いて食べたいというような場合には、火加減の調整が難しいので、アルミホイルを利用しましょう。

強火で焼き続けると、外側だけ焦げて、中はやけていない場合もあるため、焼いた後には、蒸し焼きの状態を保つため余熱がポイントになります。すぐには食べずに、ホイルでくるんだままおいておくという事がポイントです。この調理の種類というのは、ローストビーフも同じです。大き目のお肉の調理の種類をいろいろ知ることで、美味しく食べられるようになります。

焼き加減にはこだわりたい

いい肉の日だからと、いつもよりも高級な牛肉を購入したり、注文をする人も多いのではないでしょうか。美味しい肉だからこそ、焼き加減にはこだわりたいものです。お肉のおいしさは、やはり肉汁にあります。あまりにも熱を加えすぎてしまうとお肉が、固くなってしまい肉汁も味わえなくなってしまう恐れがありますのでご注意ください。牛肉を焼いて、肉汁が表面に浮かび上がってきたところで、ひっくり返すぐらいが良いです。

肉の表面が固くなってしまってから、ひっくり返すと、すでに中心まで火が通ってしまっていることになり、裏面を焼いていることには、中もカチカチで肉汁も喪失という事になりがちです。焼いている際にはよくお肉の焼き加減や状態を確認して、最高の状態で食べられるようにしましょう。焼き加減を制する者は、焼肉の肉汁を手に入れるという事にもつながると言えそうです。

お肉を知るとさらに美味しさが増します

お肉の種類や、肉の調理方法を知れば知るほど、より肉に愛着がわくような気がしないでしょうか。今まで自分が行ってきた調理法と、プロなどが行っている調理法は、比較して見るとかなり違いが出てくることも多々あります。塩は肉を焼く直前にするほうが良かったり、筋切りをすることで肉の見栄えが格段によくなったり、焼き加減によっても美味しさに違いが出るというように、ちょっと知っておくことでより美味しい食べ方ができるようになります。

焼けば普通に食べられると考えがちな肉ですが、より深く、より細かく調理の種類や焼き加減を知ることで、さらなる美味しさを追求することが出来ます。いい肉の日だからこそ、焼き加減には慎重に。いい肉の日だからこそ肉の調理法をさらにこだわってみる。そんな一日が過ごせると、毎年いい肉の日を迎えるのが楽しみでしかたがなくなります。好みの焼き加減を知り、お肉ごとに焼き加減を調整してベストな状態の肉に思い切りかぶりつきましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう