「いい肉の日」を楽しむためにおすすめの飲食店 - いい肉の日 2018年11月29日 -

あくまでも語呂合わせに過ぎませんが、「いい肉の日」ということであれば肉料理を楽しむ機会としては絶好です。
おすすめの飲食店を一件把握しておくだけでも、何かをタイミングで良い思いができます。

-AD-

「いい肉の日」だからこそ肉を楽しむ

食の欧米化が叫ばれる昨今、日常的に肉料理を楽しめる状態になっているとはいえ、毎日肉料理ばかりを食べていたのでは調子が出ないと考えている人も大勢います。日本人である以上、「和食」に慣れ親しんでいる人が多いことも関係しますが、「いい肉の日」には思い切って肉料理をたらふく堪能しても良いでしょう。

「いい肉の日」だからと言って肉料理を食べなければいけないと言うことではありませんが、多くの飲食店で「いい肉の日」にちなんだイベントを開催しているので、普段よりもお得に肉料理を楽しむタイミングとしては非常におすすめです。あくまでも「いい肉の日」は語呂合わせに過ぎませんが、それに託けてイベントを行うおすすめの飲食店をいくつか把握しておくと、「いい肉の日」以外の日も楽しむことができます。

「いい肉の日」におすすめの飲食店

「いい肉の日」におすすめの飲食店の1つ目は、「焼肉店」です。「いい肉の日」に限らず常に人気のあるおすすめの飲食店と言えますが、焼肉店に行きつけが1件でもあると非常に重宝します。

特に、焼肉店はあからさまに肉をメインにしているお店なので、「いい肉の日」には確実にイベントを開催している点もおすすめ出来る理由の一つです。具体的な内容はお店によって異なり、普段よりもお得な価格で料理を楽しめる場合や特別メニューが設定される場合などさまざまです。一人でもよし、大人数でもよしの選択肢であることもおすすめの理由ですが、「少し贅沢をしたい」と考えている場合も非常におすすめで、特別な日を演出するプランとしても使えます。

おすすめは「一風変わった料理を出すお店」

次におすすめするお店は、王道である焼肉ではなく「日常的には食べない料理を出すお店」です。分かりやすい例を挙げると「ジビエ料理」などで、日常的にあまり口にすることがないものを食べる機会として活用する方法もおすすめです。

場合によっては、ジビエ料理を良く食べていることもあるでしょうから、その場合は敢えて「精進料理」を食べて肉のありがたみを実感するといった楽しみ方もあります。また、民族料理や郷土料理などを専門的に扱っているお店を訪ねてみると、見たことも無いような珍しい肉料理に出会える可能性もあります。何かしらの目的があって来店するのも悪くはありませんが、「きっかけ」としてこの人活用する方法もおすすめです。

オーソドックスながら「高級感」が味わるお店

高級な肉料理の代名詞と言えば、すでに紹介している「焼肉」が連想されることが非常に多いですが、「すきやき」「しゃぶしゃぶ」なども十分に高級な料理として知られています。特に高級店では焼肉以上の値段が設定されている場合も少なくありませんし、そもそも焼肉とは違った肉の美味しさを楽しむことができます。

焼いた肉の香ばしい香りや油、食感などを楽しむならば焼肉は最適と言っても良いのですが、肉自体の味やのどごしを楽しみたいのであればしゃぶしゃぶは非常におすすめです。すき焼きの場合は焼肉に近いものがありますが、一緒に焼く野菜などの旨味を十分に含んだ肉の味は、焼肉とは違った魅力にあふれています。

要するに「食べたいもの」を食べれば良い

「いい肉の日」とは、単なる語呂合わせであって、「関係業者が販促を目的として使い始めたもの」という認識で問題ありません。もちろん、広く使われるようになる以前から個人的に使用していたという人もたくさんいるでしょうが、要は「きっかけ作り」のネタに過ぎません。

売る側からすれば「来てもらうきっかけ」になり、買う側からすれば「肉を食べるきっかけ」になるのでデメリットがないことも知れ渡った要因の一つと言えます。ただ、あくまでもきっかけを得るためにこじつけたものでしかないということは、あえて肉を食べないという選択もあります。大切なことは、「その日を過ごすに当たって満足出来たと思えること」です。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう