お正月にはおせち料理とお餅を食べる - おせち 2018年1月1日 -

-AD-

お正月には年神様を迎える大切な時

日本においてはお正月というのは一年のスタートに当たる時期であって、多くの人が休暇を取ることができて、ゆっくりと家庭や親せき宅などでお祝いをすることになります。正月の正というのはあらためるといった意味があり、年を改めて心機一転のタイミングになる月というわけなのです。良いスタートが切れるように、新しい年を祝っていきます。

家庭によっても行うことが違ってくるのですが、おいしいごちそうを用意するというのはほとんどの家庭で行われることです。つまり特別な時なのです。おせち料理やお餅を用意して食べたりしていきます。また、神社などに初詣に行ったりしますし、山や海などに初日の出を見に行ったりすることになります。そして年初めの挨拶に行ったり、子供にはお年玉をあげたりします。

おせち料理について知る

それではお正月に食べるおせち料理について、縁起の良いものを用いていくのですが、それについてご説明しましょう。おせち料理はお重箱に詰めていくのですが、三が日に食事を作ったりしなくてもいいものということで保存性の高いものを入れることになります。食材や調理法を工夫していきます。

食材としては、田に作るとかけて田作りは五穀豊穣を願っており、黒豆はまめに暮らせるように、つまり健康に一年を過ごすことができるようにと祈ります。数の子は子孫繁栄、えびは腰が曲がるまでといった長寿を祈ります。ぶりは出世魚として用いられる魚です。そしてだて巻きは書物に見立てて、学問の発展を願っているのです。

このように、おせち料理にはいろいろな願いが込められていることがわかります。

お餅を食べる風習とは

日本では年末に餅つきをしてお正月に食べる餅を準備し、年初めに食べるという風習があります。お正月に食べる方法としては、お雑煮にすることが多いものです。昔、元旦は大晦日の夕方から始まると考えられており、神仏に供えていた餅を降ろして、いろいろな具を加えて煮たものが雑煮といわれているのです。

これは各地でかなり違った特徴のあるものであり、味噌ベースやしょうゆベース、丸餅や角餅など、いろいろなタイプの雑煮があります。西日本や東日本で違ったり、具の種類もその地域でとれるものを使ったりすることもあって、本当に多種多様なのです。また、沖縄のように雑煮を食さないところもあったりします。

また、お汁粉のような小豆汁にするところもあったり、餅に餡子が入っていたりするところもあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう