おせち料理をいただく祝い箸とは - おせち 2018年1月1日 -

-AD-

祝い箸の由来を紹介します

おせち料理を食べる時には、いつも使う物ではなく、箸袋に入った不思議な形の箸を使います。その事を「祝い箸」、と呼びます。なぜこの形なのかと言うと片方は人が、もう片方は神様が使う為に、両方使える様になっている為です。これは神人共食と言う考え方によって、こう作られているそうです。

そもそも新年を迎えるお祝いの料理であるおせち料理は、年越しの夜に神棚に供えるのが慣わしでした。そして元旦の朝に神棚から降ろして、家族みんなでそれを食べます。この時に家族だけでは無く、神様と共におせち料理を食べて、新年を祝うと言う意味で、こう言う形の物を使うようになったと言われます。一般的に長さは「八寸」(24cm)で、末広がりの八と言う、縁起の良い数字を表した長さになっています。

使い方の仕来りを紹介します

縁起物である祝い箸には、使い方にも仕来りがあります。そしてそれは、大晦日から始まります。その日、一家の家長は家族みんなの祝い箸の袋に、それぞれの名前を書きます。それをおせち料理と共に、神棚に供えます。明けて元旦の朝、おせち料理と共に神棚から降ろし、家族は自分の名前の付いた物で、新年の食事をします。

この時気を付けたいのが、箸の使い方です。両方使える様に見えますが、片方は神様用です。おせちの取り分けなどに、使わない様にしましょう。また食事後に、捨ててしまわない様にする事も、大切です。自分の物は自分で洗って、松の内は使い続けるのが仕来りです。現在ではおおよそ1月7日までとなりますが、三ヶ日中だけと言う事も増えて来ている様です。その後は〆縄と一緒に、どんど焼きで焼くのが正しい始末の仕方だと言われています。

その神様とはどんな神様なんでしょうか

神様と関わりが深くなるお正月、しかし日本は八百万の神の国です。神様と一口に言っても、近所の幾つかの神社に、それぞれ違う神様が居たりします。お正月に私達と過ごす神様とは、一体どんな神様なのでしょうか。

毎年お正月に、日本の各家に訪れる神様の事を、一般的に年神(トシガミ)と呼びます。由来は沢山あって、あるいは先祖の霊であったり、穀物の神様であったりします。古来からの神話では、カマドや稲、または秋などに関する、沢山の神様の父とされていたりします。稲を育てる事が重要だった日本において、それらの神様を産んだ年神は、重要な神様であったはずです。この事からも、やはり一年の終わりに収穫に感謝をして、新年に豊穣を願う事に相応しい神様が、年神様であったと言えそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう