おむすびの日のおすすめの具の簡単レシピ - おむすびの日 2018年1月17日 -

おむすびは古くから日本人に愛され続けている料理です。
簡単なレシピで美味しい具をいくらでも作ることが出来るので、おむすびの日にはいつもと少し違う具でおむすびを楽しみましょう。

-AD-

日本人に愛され続けるおむすびにはレシピも豊富です

日本人の主食と言えば、お米です。お米は毎日三食食べてもなぜか飽きません。日本の食卓には絶対に欠かすことが出来ない食材の代表です。お米は色んなおかずと一緒に食べてももちろん最高ですが、お米自体も様々な料理にすることが可能です。お寿司や炊き込みご飯、ピラフにドリアにチャーハンに、和洋中様々なお米料理があり、どの料理もとても人気があります。

そして手軽に出来てしかも美味しい、忘れてはならないお米料理があります。それがおむすびです。おむすびは、おむすびの日が制定されているくらい日本人に馴染み深く、愛され続けているお米料理だということが出来るでしょう。塩で握っただけのおむすびも美味しいものですが、おむすびは具を変えるだけで楽しみ方が無数にあるところも魅力的です。魅力は具のバリエーションが豊富にあることにもあります。

おむすびの日はいつもと違う具で楽しみましょう

せっかくおむすびの日があるのですから、そんな日はいつもとは違う具でおむすびを楽しみたいものです。簡単に出来て、しかも美味しいおむすびの具のレシピは無数にありますが、定番の一つがおかかではないでしょうか。鰹節と醤油を混ぜ合わせたものを具にするだけで、いくらでも食べることが出来そうなくらい美味しいおむすびになりますが、ほんの少し手を加えるだけでいつもとは違う味になります。

鰹節と醤油で混ぜ合わせたいつものおかかに、マヨネーズを混ぜてみましょう。マヨネーズを加えるだけで、和風のおかかが洋風の風味になり、いつもとは違うおかかおむすびを楽しむ事が出来ます。更にすりゴマも加えると、風味がアップしますのでおすすめです。簡単に出来る具のレシピなので誰にでも作れることも嬉しいポイントです。

おむすびの日には栄養満点の具がおすすめです

誰もが大好きなおむすびで、野菜やたんぱく質も摂ることが出来れば最高です。おむすびの日にはそんな具を作って楽しむのも良いでしょう。主な材料は大根の葉っぱが理想ですが、無ければ小松菜でも構いません。レシピも至って簡単です。大根の葉っぱとしらすをたっぷりのごま油で炒めます。大根の葉っぱとしらすをよく炒めたら醤油で味を調えます。

塩味が足りないと感じたら、塩をほんの少々加えます。しらすからも塩分が出ますので、味見をしながら好みの塩加減に調整しましょう。仕上げにゴマを混ぜると風味が良くなるだけでは無く、栄養もアップします。簡単なレシピでありながらごま油とゴマの良い香りで食欲が刺激され、いくらでも食べることが出来そうな栄養たっぷりのおむすびの出来上がりです。

おむすびの日にボリューム満点のおすすめレシピ

忙しく時間が無い時でもおむすびならば手軽に食べることが出来るので、おむすびを朝食や昼食にしている人も多いのではないでしょうか。そんな時は、おむすびにもボリュームが欲しいと思うこともあるかもしれません。お肉を使ったとても簡単でボリュームたっぷりの具があります。豚のこま切れ肉と薄切りの玉ねぎを、お好みの焼肉のたれを多めに入れて炒めましょう。たれが煮詰まったようになり、水分がなくなるまで炒めるのがポイントです。

濃いめの味付けの豚肉で、ごはんの上に載せても美味しいのはもちろんですが、おむすびにしても絶品です。それこそいくつでも食べることが出来るでしょう。ボリュームがあって食べごたえのあるおむすびが食べたい時はおすすめのレシピです。おむすびの日に食べる特別なおむすびの具としてもピッタリでしょう。

おむすびの日におむすびを思う存分堪能しましょう

おむすびは簡単な料理ですが、具を変えるだけで様々なおむすびを作ることが可能です。具のレシピも簡単でありながら美味しく、いくらでもおむすびを食べることが出来そうなものばかりです。あっさりした和風のおむすびが食べたい時、ボリュームのあるおむすびが食べたい時、いつもとは違う洋風のおむすびが食べたい時、その都度具を変えるだけで無限に楽しむ事が出来ます。

せっかくのおむすびの日には、そうしたいつもとは違うおむすびの具のレシピに挑戦してみるのも良いでしょう。自分なりにいくらでもレシピを作ることが可能なところもおむすびのいいところです。おむすびの日には、日本人が愛し続けてきたおむすびを思いっきり堪能してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう