お正月の縁起物について、知っておこう - お正月 2018年1月1日 -

-AD-

お正月の意味について

お正月というと、一年の初めであって、年神様の家にお迎えして祝うという大きな年中行事になります。年始には一年のスタートとして、その年の区切りになるものとして、いろいろな形でお祝い事をしていくことになります。

このタイミングでおせち料理を用意したり、お餅を食べたり、初詣に行ったり、初日の出を見たり、いろいろなしきたりや慣習があります。それにしたがっていくのがいいとされており、お正月の元日から三が日はゆっくりとして煮炊きもせずに過ごしていくことになるのです。

また、最近では長い休暇を取りにくい日本の社会で旅行に行く人がいたり、お正月でも店舗などで働く人では仕事をしていたりすることで時期をずらして休む場合もありますので、それぞれの過ごし方があるものなのです。

お正月の縁起物 飾りなど

お正月の縁起物というと、やはり飾り物をイメージする人が多いことでしょう。各家庭ではお飾りを玄関につけたりしますし、店舗などでは門松を飾っていたりすることもあります。門松というのは、神を待つといった意味があって、竹や梅などと同じように縁起がよいものとして日本では考えられています。門松があるところに神様が来臨するといわれているのです。これは12月30日までに飾るといいとされているのです。また、車などのお飾りもあります。

また、その年に初めて見る夢が縁起がよいといわれ、一富士二鷹三なすびといわれるように、一番に富士山を二番目に鷹が出てくる夢を三番に茄子が出てくるとよいとされているのです。まだそのあとにも続く説もあるのですが、この3つがとても有名なのです。

お正月の縁起物 食べ物

やはりお正月の食べ物としては、おせち料理を挙げることができるでしょう。三が日は煮炊きをせずに穏やかに過ごすためのご馳走とされていて、年末に準備するのが普通です。

おせち料理は年神様をお迎えするお供え物であって、縁起のよいものがたくさん含まれています。お重箱に入れて、一の重、二の重、三の重、与の重といわれる4段が本来の形になります。

昆布巻きは喜ぶ、黒豆は健康にいられるように、えびは腰が曲がるまでといった長寿の意味があります。また、伊達巻は学問の発展を、田作りは五穀豊穣、数の子は子孫繁栄、れんこんは見通しがよくなるように、そして栗きんとんは金塊に見立てて金運につながるといった縁起のよいものとして考えられています。

このように、おせち料理にはいろいろな意味があるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう