お正月のまとまった休みに旅行に行こう - お正月 2018年1月1日 -

-AD-

お正月の過ごし方とは

一年の初めというのは、年神様を迎えるときであるために煮炊きをせずにご馳走を用意したりして、その年を穏やかに始めることができるようにするというのが本来の過ごし方になります。しかし、日本においては長く休みが取れるのが年末年始になるので、お正月の過ごし方としては、多様化しているのが現状になります。

お正月の準備をしっかりとして、大掃除をしたり、お餅つきをしたり、おせち料理を準備したりする家庭も多いものですが、一方でこのときだからこそ行けるような旅行などに行ったり、新年の初売りに行ったりする人もいたりします。

また、仕事の都合上、どうしてもその時期にお休みを取ることができないために、他の時期にまとまったお休みを取ってどこかに出かけるといった人もいるのです。

国内旅行に行くのなら

お正月に少し家族やカップルで出かけようと思ったら、近場の国内の日帰りや泊まりの旅行に行ってみるのもいいでしょう。日帰りであれば、ドライブをしながら観光地を回ったりして、初詣をしてしまうというのもいいでしょうし、泊まりであれば温泉などでのんびりとして、美味しいご馳走を食べるといった過ごし方というのもいいでしょう。

特に近場で行けるところとしては、伊豆や箱根などもいいでしょうし、地域によってはその地方のホテルや旅館で親戚同士で集まるといったように過ごしていくのもいいでしょう。

また、旅行気分を味わうためには飛行機に乗っていくというのもいいでしょう。沖縄や北海道などでも違った文化や風土、気候などの地域のお正月を楽しむことができるようになることでしょう。

海外旅行に行ってみよう

長くお休みを取ることができるのなら、海外に行ってみるというのもいいでしょう。時期的には繁忙期にあたるので、旅行代金もピークの時期になるので高額にはなるのですが、家族で休みをそろえることができるところというと、お正月の時期になってしまう家庭も多いのです。

真冬にあたるので、ハワイやグアム、サイパンのように温かい南の島のリゾートに出向くというのもいいでしょうし、冬のヨーロッパやアメリカなどにするというのもいいでしょう。年末を合わせれば、1週間から10日ほどの休みになる人もいるので、こういった時期に旅をするというのが恒例になっている家庭もあることでしょう。

ですから、休みの見通しが立ったら、旅行を計画してみるというのも楽しいものです。まずは情報を集めてみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう