お正月に着物で初詣も日本の風習 - お正月 2018年1月1日 -

-AD-

年神様をお迎えするお正月

お正月は1年の最初の月で年神様をお迎えする月です。一般的には元日から3日の3が日または元日から7日または15日までの松の内をさしてお正月といいます。

日本では昔から五穀豊穣を祈る習慣などさまざまな風習があります。中でも年の初めの月であるお正月は盛大に行われてきました。お正月の準備のために大晦日のすす払いや門松やしめ飾りを飾るのは新しい年に年神様をお迎えするためです。

現在のようなしめ飾りや鏡もちを飾りお正月を迎える風習は江戸時代になってからです。年神様はその年に家族に幸せをもたらし作物が豊に実るように山から降臨してくると考えられていました。正月の間それぞれに家に滞在するので玄関にしめなわを飾ります。家の大掃除をしてきれいにして神様をお迎えします。

さまざまな風習があるお正月

日本では古来よりお正月にはさまざまな風習があります。お正月を迎えるために大晦日の大掃除やと年越しそば、おせち料理の準備などがあります。

年越しそばを大晦日に食べる風習は江戸時代からです。元来商家では晦日の30日に忙しさから簡単に食べられるそばを食べていましたが一般にも広まり大晦日にそばを食べるようになりました。そばにはいろいろな願いが込められています。細く長く長寿であるようにまた1年の苦労や災いを断ち切るなどの意味がこめられています。

おせち料理は正月3が日に食べるものです。民間に広まったのは江戸時代からです。おせち料理は年神さまにお供えすると同時に家族の繁栄を願う料理です。重箱に詰めめでたさを重ねるという意味があります。年神様が家に滞在中は音をたてたり火を使うのを慎むという意味があります。

着物で初詣が日本の風習

現在の日本では着物を着る機会が少なくなりました。お宮参りや七五三、入園式、入学式、成人式、卒業式、結婚式などに着るくらいです。着物は日本の伝統文化です。1年の始まりお正月に着物で初詣をすると基気持ちも引き締まります。着物には決まり事がたくさんあります。格にあわせて着物の種類を選ぶ必要があります。

最上級は留袖や振り袖です。既婚女性は留袖、未婚女性は振袖を第一礼装として着用します。正装用としては訪問着や紋付の色無地をきます。カジュアルなパーティーや同窓会、ショッピングなどは小紋や紬を着用します。普段着にはウールや木綿の着物が最適です。初詣は外の寒い時期です。防寒を第一に考えるとよいでしょう。防寒対策を第一に考えるとウールが暖かく最適です。マナーを守りきちんとした服装であれば差支えありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう