お盆 - 2018年8月13日~8月18日 -

お盆の起源や語源、歴史、
またお盆に行われる行事などお盆に関することを解説。

-AD-

お盆の起源ははっきりしていない?

お盆の起源や由来は明確には分かってはいませんが、初春と初秋の満月の時期に先祖の霊がやってくるという言い伝えはあったそうです。
日本土着の先祖崇拝と大陸から渡って来た仏教の亡き人を偲ぶ風習の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」が融合して今のお盆の風習になっています。
日本古来の先祖崇拝の時期と今のお盆の時期が違うのは、地獄に落ちた釈迦の弟子の母親を供養したのが旧暦の7月15日ごろだったからだとされています。
旧暦7月15日は、現在の暦では8月15日前後なので、現在は8月15日前後に行われています。
また旧暦の初春は正月でもあるので、この時期には商人たちも休みを取り、奉公人も故郷へ帰らせるようになり、先祖を供養するともに、自身の体をゆっくり休ませる時期となって行きました。

仏教の餓鬼道との密接なつながり

お盆は日本土着の先祖崇拝、新道、大陸からきた仏教や道教の影響を受けている風習です。
中でも仏教の盂蘭盆会は、亡き大切な人を供養する時期ともあるため、今の認識に大変近いものがあります。
元々は目連という釈迦の弟子が地獄の餓鬼道に落ちている母親を見つけ、飢えと乾きに苦しむあまり水や食べ物を差し出して供養したとの言い伝えがあります。
目連は母親だけではなく餓鬼道にいる者すべてに食べ物を供え、餓鬼道にいる者すべてが飢えと渇きから解放された喜びのために踊り出したともあり、これが盆踊りの起源とされています。
日本でも600年代はお盆ではなく盂蘭盆会をしていたとの記録があります。
盆踊りはお盆3日間の最後の日に催されることがほとんどです。
これは餓鬼道の苦しみから解放された喜びを表すために、最後の日に踊るからです。

特殊な行事をする地方も

お盆は地方によって違いがあります。
例えば沖縄県。
沖縄県は今も旧暦に行い(その代わりに今のお盆の時期は休みません)、エイサーやアンガマという特殊な盆踊りを踊ります。
エイサーもアンガマは餓鬼道とは関係なく、あの世から来た先祖を供養する踊りです。
沖縄は祭壇も他県とは違いがあり、お坊さんではなく一家の家長が代表してお線香とあの世のお金を焼きます。
もう1つに徳島県の阿波踊り。
徳島県を盛り上げる一大イベントとして日本全国で有名な踊りですね。
こちらも新暦か旧暦で行うかで長年対立があったようですが、昭和40年ごろに新暦で行う行事となりました。
ただ阿波踊りには先祖供養などの意味は明確にはありません。
ですがお盆の時期に踊るので、帰って来た先祖も阿波踊りは楽しみにしていることでしょう。

お盆の行事の由来について

日本では毎年8月15日の前後に、先祖のお墓参りをする習慣があります。これを一般的にお盆と呼んでいます。そのために毎年、この日の前後に故郷に帰郷する人が大勢います。

もともと、お盆は太陰暦の8月15日前後に行なわれていましたが、日本でも太陽暦が採用されるようになってからは、太陽暦の8月15日に行なわれるようになっています。お盆という名前の由来は、仏教で使われている専門用語の「盂蘭盆会」という言葉を省略したものです。盂蘭盆会の盆の字だけをとって、より親しみやすく呼ばれるようになりました。この盆というのは、先祖のお墓などに置かれるお供え物を入れる入れ物のことを意味しています。

この盆という言葉が入れ物だけでなく、お供えをされる精霊の名前を意味するようになったという説もあります。

お盆の由来となった中国の風習

お盆の由来になったと言われる行事にはさまざまなものが存在します。その一つが中国などで行なわれていた鬼月という慣習です。これは道教などの思想に由来するもので、毎年旧暦の7月を鬼月として、7月1日に地獄へと通じる道の蓋が開いて、7月15日は閉じられるという思想が広く信じられていました。

この蓋が閉じられる7月15日は特に中元節という名称で呼ばれていて、この日に先祖の供養を行なうという習慣が中国の一部の地域では昔から行なわれていました。この習慣は現在でも行なわれていて、台湾や香港などの地域では特に大規模な行事として祝われています。

このような先祖の霊を供養するという風習がやがて日本にも伝わって、お盆という形で先祖を供養する行事として定着していきます。

中元節以外の由来となった風習

中元節以外にお盆の由来となった行事として考えられている行事には、春の初めと秋の初めに満月が夜空に現れる日に、先祖の霊を供養する行事があります。この日には先祖の霊が子孫に下りてくると言われていたことから、先祖を供養するためのさまざまな行事が行われていました。初春の満月の日の行事はお正月のお祝いと一つのものになっていったのですが、初秋の満月の日が仏教の盂蘭盆会の行事と合わさって、お盆の習慣になっていったとも言われています。

こうした行事が日本の各地で広く行われるようになったのは、千年以上昔のことです。8世紀にはすでに祖先の霊を供養する行事が行われていたとも研究されています。

このようにして日本では先祖の霊を旧暦の7月15日前後に供養する風習が広まっていきました。

お盆の語源と歴史や祖霊に対する慣習

お盆は、仏教用語の盂蘭盆会はインド・イラク語派に属するサンスクリット語で逆さ吊りの意味を持つウランバナ(倒懸)の音写語として烏藍婆拏や烏藍婆那と表記された仏教用語の盂蘭盆会が語源と考えられています。

盂蘭盆会は、紀元前6世紀頃に成立した世界最古の一神教ゾロアスター教における、人間が持つ最も神聖な部分フラワシを崇めるフラワシ信仰と祖霊信仰が習合したが宗教儀式です。日本では、夏至と冬至に準じた年2回の大祓い、春耕と秋収に準じた礼祭、神武天皇から仁徳天皇の平均寿命が107歳と長い事から1年が2年だったとする説もあり、初春と初秋の月と太陽の黄経差が180度となる望月に祖霊を迎え入れる儀式をしたとされ、初春の祖霊は歳神として使える大正月となり、8世紀には初秋の祖霊を迎える儀式はお盆として成立していたと考えられています。

古来のお盆の形と現在の形

日本古来のお盆は、降魔による福徳を得て長寿や極楽往生などの御利益があるとされ、仏や菩薩を崇拝及び供養する為の幡を7日の夕刻から建て、幡の中に故人を迎える為の精霊棚を設置して僧侶に読経してもらい報恩する棚経参りを行ったとされ、何時しか棚幡が七夕に転じたとも言われています。

又、精霊棚には笹以外にも、祖霊が子孫の元へ早く帰る為に胡瓜や茄子で作る精霊馬や常世への帰着が少しでも遅く、沢山の土産が積める様に精霊牛、迎え火が転じた盆提灯等を供える地方もあります。しかし、現在では7月13日・8月13日の夕刻に祖霊の為に目印として玄関先などで焙烙で野火を焚く迎え火を行い、7月16日・8月16日に迎え火と同様に送り火を行い、煙に乗って常世を行き来するとも考えられています。

送り火は、京都の五山送り火や奈良の高円山、大阪の五月山、山形の束稲山など全国で盛大に行われています。

地獄の蓋が開く時期とは

日本では、お盆に対して6世紀に伝来した仏教の影響が強い為、仏教の教義に基づき8月1日から地獄の亡者だけで無く六道を輪廻する衆生に弥勒菩薩が出現するまで釈迦に代わり慈悲を与える地蔵菩薩の縁日24日までがお盆とされています。

その為、月明かりが最大となる望月となる7月の十五夜や8月の十六夜の日に、地獄の責苦から一時的に解放された亡者が喜び踊る様を模した盆踊りが全国各地で行われています。

又、お盆は、地獄の釜の蓋が開き地獄の鬼でさえも亡者の責をやめて休息するから、現世の者も仕事を休みにしようと言われますが、地方によっては地獄の釜の蓋が開く日を釜蓋朔日と呼び、お盆の送り火が終わるまでは池や川などの水源へ行く事を忌み嫌ったり、祖霊へ心を尽くしたりと、平時よりも何事にも注意深く行動するべき時期と考えられています。

お盆の由来・意味とは

お盆とは、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を語源とし、それを省略したものであるとされています。この盂蘭盆会は古代インド語「ウランバナ(逆さづり)」を漢字音写したものです。

紀元前400年、お釈迦様の弟子の中でも一番の神通力を持っていたとされる目連尊者がいました。自分の亡き母親が餓鬼道に落ちて逆さに吊るされ苦しんでいるのを知り、それを救うためにお釈迦さまに教えを頂いたところ、多くの人々に施しをすることによって母親が救われると言われました。目連尊者はその教えの通り、夏の修行明けである7月15日に飲食物を多くの僧に捧げ供養するという功徳をなし、それによって母親は極楽浄土へと往生することが出来ました。

盂蘭盆会には「逆さに吊るされるほどの苦しみを取り除く」という意味が込められています。

お盆の歴史、日本での始まりとは

日本における初めてのお盆行事が行われたのは、推古天皇の時代である西暦606年のことで、その歴史は古いです。「推古天皇十四年(606年)七月十五日斎会」を始まりとし、斉明天皇三年(657年)七月十五日飛鳥寺にて盂蘭盆会が行われたとの歴史が日本書紀に残されています。当時のお盆は宮廷、貴族、僧侶、武家といった上流階級を中心に、お正月行事と並ぶ二大行事として行われていました。

江戸時代には一般庶民へも広まり、仏壇や提灯なども普及しました。従来は明り取りに必要であった油の代わりに蝋燭が大量生産され安価に出回るようになったことも、この行事が一般庶民に広まることに繋がりました。

日本ではご先祖様が年に二度帰ってこられると古くから信じられており、お正月とお盆には特別な行事でご先祖様をおもてなしする習慣となりました。

現在の日本でのお盆について

現在の日本では地域や宗派によりお盆の風習・行事がさまざまとなっていますが、一般的にはご先祖様の霊が帰ってくると考えられています。お盆の時期も、東京と一部地域では旧暦を基準とし7月に、関西とその他地方では太陽暦で8月に迎えます。江戸時代の奉公人が休みを許されるのがお正月とお盆だけで「藪入り」と呼ばれたのが、現在の嫁ぎ先から実家へ娘が帰って休息するという習慣になったと言われています。

また、多くの地域では盆踊りが行われますが、これは帰ってこられたご先祖様の精霊を慰め送り出し、供養により成仏できた喜びを表現するために踊るもの、というのが由来となっています。

この行事は現在でも、親戚一同が集い、故人・ご先祖さまを偲びながら感謝をささげつつ、ご先祖さまの精霊と共に過ごす大切なものとなっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう