亡くなって初めて迎えるお盆を新盆と言う - お盆 2018年8月13日~8月18日 -

お盆と新盆についての解説。新盆についての注意や仏壇などのしつらえ方について。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

新盆についての注意事項

新盆は、家族や親族が亡くなって四十九日の法要をしてから初めて迎えるお盆のことです。

お盆の時期は、旧暦を忠実に守る7月13日~16日と、新暦に即した8月13日~16日とがあります。8月に行う地域が多いですが、同じ市町村でも時期が違う場合もありますし、7月の下旬~8月の初旬にかけて行う所もありますので、どちらの時期に行うのか、寺院や地域の方に確認する必要があります。ちなみに、お盆の直前に亡くなり、四十九日の法要を行う時期が到来していない場合は、翌年に新盆を迎えることになりますので、注意しましょう。

新盆は、仏様が初めて家に帰ってくるので丁寧に出迎えるために、故人と親しかった友人や近い親族を招いて法要を行ったり、線香やお供えをあげに来てくださった方に、お返しの感謝の品を渡したりすることがあります。

仏壇や精霊棚のしつらえ方について

新盆には、仏壇の前に精霊棚をしつらえて仏様をお迎えします。宗派によって違いがありますが、一般的には仏壇の前にテーブルなどの台を置き、祀るための棚を作ります。中央にお位牌を置き、線香立てなどを用意します。

白い敷物を敷いて、お膳や果物や野菜、お菓子などのお供え物を上げます。精霊棚の用意は、お盆の前日の12日までに行い、仏様に使う食器は綺麗に洗い清めておく必要があります。地域によっては、四隅に竹の棒を立てるところもあります。また、真菰のござを敷いて、故人を迎えに行くきゅうりの馬となすの牛を飾るところが多いです。

牛と馬は12日の時点では故人をお迎えに行くので、頭をお位牌の方に向けて飾りますが、13日~16日にかけては家に帰ってきているので、逆に頭側を手前に向け、しっぽを位牌側に向けることになります。

故人をお迎えする提灯について

新盆には、亡くなって初めて家に帰ってくる故人のために、目印となる提灯を用意します。宗派によっては、3回忌まで飾る場合もあります。家の前で迎え火も焚きますが、より分かりやすい目印として、故人が道に迷わぬように提灯を飾ると言われています。

提灯を用意するのは故人と一番近い家族や身内、故人の子供となります。白地に家紋が入っているものが正式な提灯ですが、現在では色柄物も人気があり、故人が好きだった色を選ぶ場合があります。形については、好みで選んでもいいですが、故人の顔の形に近いものを選ぶとよいと言われている地域もあります。提灯については、お盆が終わって精霊棚を片付ける時に、一緒に焚き上げてもらうことになります。

現在では環境上焚き上げによる供養が難しく、自治体の取り決めにより、収集時に地元の僧侶がお経を上げて供養してから処置してもらうことが多いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう