お盆は日本古来から存在する伝統的な風習 - お盆 2018年8月13日~8月18日 -

お盆と日本古来の伝統的な習慣についての解説。盆花迎えの習慣や送り火、迎え火、盆踊りなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

お盆の由来と盆花迎えの風習について

お正月が歳神様を迎える行事である一方、お盆はご先祖様を迎える「先祖まつり」あるいは「盆まつり」として古くから行われている風習の一つです。

仏教の盂蘭盆という言葉に由来し、盆会と言われることもあります。お盆に関する最古の記述は日本書紀にあり、寺で執り行われる宮廷の行事の一つとされています。

日本では古来から山に対する信仰心が強く、山には神様が棲んでいると考えられていますが、祖先の霊もまた山から降りてくると潜在的に信じられているため、山から採取した花がお墓に供えられ、その花を家に持ち帰り盆棚に飾るという風習も残っています。

この風習は「盆花迎え」や「盆花とり」と呼ばれ、かつて長野県では深夜に松明の明かりだけを頼りに、山へ盆花とりに行く風習が残っていました。

8月に行われるようになった理由

お盆は旧暦7月13日から16日頃に行われていましたが、現在は新暦の採用以降8月13日から16日頃に行うのが一般的になりました。但し関東の一部地域など、現在でも7月15日頃をお盆とする地域もあります。

仏教思想の一つとして、人間の死後は「あの世」へ行き、生きている人間を見守っているという思想があり、各家庭でお供えをして先祖の霊をお迎えするというのがお盆ですが、かつては宮中や幕府の行事の一つでした。但し、宮中や幕府などで行われていた厳かな儀式が民間に広まったわけではなく、それらに関係なく全国各地で自然に先祖供養が行われていたと考えられています。

お盆の風習は、細部に関しては地域ごとに異なりますが、これは元来から地域ごとに存在していた先祖を供養する御魂まつりの様式が地域で異なり、更に仏教的な行事が徐々に融合し現在の形になったためと推測されています。

迎え火や送り火の意味と盆踊りについて

お盆には、先祖の霊を迎えるために「迎え火」、最終日には「送り火」を墓地などで焚く風習がありますが、家の門先で焚く地域もあります。

火を焚くことは、お寺や神社の灯籠や提灯に通じ、神様やご先祖様を誘導するために通る路を照らすという意味合いがあります。一部地域では、お墓から各家庭までの道のりに、盆火として提灯を設置する風習が残っています。

お盆の時期に行われる行事として、全国的に残っているものに盆踊りがあります。一般的には16日の晩に踊りますが、お盆期間中、夕方から夜遅くまで毎日踊る地域も現存しています。踊りには、地獄にいた猛者たちが解放され、歓喜に沸き喜んでいるという意味があります。

現在はこれらの意味合いも薄まりつつあり、夏祭りのイベントの一つとして実施される事も多くなっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう