お盆は、先祖の霊を供養する日 - お盆 2018年8月13日~8月18日 -

お盆が何をする日か解説。そもそもお盆とは?またお盆に行うお墓参りや盆踊りなどについて。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

お盆とは?どんなことをするの?

お盆とは、8月15日を中心とした夏に行われる、先祖の霊を供養することを目的とした日本独自の風習の一つです。昔から各地で伝統的に行われていることであり、お盆の日が近くなると各企業や店舗も休みに入ります。皆、先祖を供養するために実家に帰り、墓参りや仏壇に手を合わせる事を行います。

親から子に伝わる風習であり、日本ではとても大事にしているものでもあります。各地域で行う事は異なりますが、ナスやキュウリを使って、精霊馬と呼ばれる先祖の霊が使用する乗り物を作り、霊をお迎えします。仏壇やお墓には、お花やお酒・果物・お菓子などを並べて、先祖の霊が気持ちよく帰ってこられるように準備を行います。

皆で昔話などをしながら、楽しく会食することも立派な供養となりますので、明るい気持ちで行う事も大事になってきます。

お盆にはお墓参りへ

小さな子どもには怖いと感じるような場所であるお墓ですが、私達がこの世に生まれる事が出来たのも先祖のおかげですので、お盆には毎年お墓参りに行って、しっかりと供養を行いましょう。持ち物としては、お墓を拭く布・ろうそく・線香・マッチ・お花・お菓子などとなります。布でお墓の汚れをしっかりと落として、綺麗にふいてあげましょう。もしゴミが落ちていたり、雑草などが生えていたら抜き取ってしまいましょう。

お墓周りを綺麗にしたら、ろうそくを立て火をつけます。お菓子やお花も水を入れて生けてやります。線香に火をつけたら、日頃見守っていてくれる感謝の気持ちと、近況の報告を心の中で思いながら手を合わせます。毎年しっかりと子どもと一緒にお墓参りにいって供養することで、その姿が子どもにも伝わり、代々受け継がれていくのです。

お盆の最終日には盆踊り

各地で行われている盆踊りですが、元々は先祖の霊が地上の世界にかえって楽しく踊ることを目的としています。お盆のとても大事な行事であり、こちらも立派な供養の一つとなります。

盆踊りは、子どもも大人も皆集まって、霊とともに楽しく踊ることが大切です。家の近くで盆踊りの音楽が聞こえてきたら、なるべく参加するようにしましょう。

盆踊りの経験が無いという方は殆どいないのではないか、とも言われるほどに日本では有名な踊りであり、小さな頃から行われ続けている習慣です。各地域によって、音楽や踊り方は少しずつ違いますが、大部分は同じ踊りになります。最近では、仮装大会などを行う地域も増えており、盆踊りが終わった後のお菓子が楽しみで来ている子も増えています。

いずれにせよ、賑やかに楽しい雰囲気で霊を迎える事が出来るのは、とても良い事なのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう