お盆の起源やその後の変遷と先祖に対する日本人の信仰 - お盆 2018年8月13日~8月18日 -

お盆の起源や日本の信仰についての解説。地域によって異なるお盆の習慣などについて。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

お盆の起源とその後の変遷

お盆は、アケメネス朝ペルシャ時代に成立した拝火教の魂に対する信仰と先祖に対する信仰が集合した盂蘭盆会が語源とされ、地獄の帝とも称される舜の誕生日に当たる中元に贖罪を行う道教の教義と餓鬼道の倒懸の責め苦にあっている釈尊の弟子目蓮の亡母が亡者救済の秘法により昇天した故事に因む盂蘭盆会と習合した儀式です。

お盆は、日本では6世紀の仏教伝来以降8世紀には成立していたとされています。日本には、1年を守護する歳神と農作を守護する田の神及び山の神、家を守護する先祖の霊を1つの神とする民間信仰があり、元々は1月1日〜1月7日の大正月と対で行われていたとも考えられているお盆は家を守護する先祖の霊を迎え入れたとされ、対して大正月には1年を守護する歳神を迎え入れる様になったとされています。

日本人の先祖に対する信仰

日本には、先祖の住処である山や海などの霊域に作る捨て墓と地所や寺社仏閣など身近な所に作る供養を目的とした参り墓など2つの墓を作り、山送りとも呼ばれる野辺送りによる山上他界や海洋信仰による海上他界など現世と常世を明確な線引きをする両墓性と呼ばれる慣習があります。

先祖の霊は、お盆の送り火や迎え火の煙、精霊馬や精霊牛などに乗って常世と現世を往来すると考えられています。お盆は、地獄の蓋が開く釜蓋朔日(8月1日)から地蔵菩薩の縁日(8月24日)までが期間と考えられていますが、宮中では清涼殿に天皇が参拝する盂蘭盆が7月15日に現在も行われています。しかし、一般的には太陰暦で7月13日若しくは太陽暦の8月13日に送り火を行い、7月16日若しくは8月16日に送り火を行い儀式が終わります。

地域によって異なるお盆の慣習

お盆は、迎え火で先祖を迎え、迎え団子や送り団子、精進料理などで丁重にもてなし送り火で常世へ送り出すのが一般的で、京都の五山送り火や奈良の高円山大文字送り火など盛大に行う地域も数多くありますが、地域の特色や地域の慣習などの影響により独自の進化を遂げた地域もあります。

長崎は、大陸との交易が盛んであった事もあり、お盆の夜に故人の墓で一本足の怪物山魈を撃退した中国の伝説に因み魔除けの効果があるとされる爆竹や花火を盛大に鳴らします。又、広島や山口、香川、島根の一部の地域では、父親が亡くなった娘の為に灯篭などを紙で拵え墓に飾った事に由来する盆灯籠が行われ、現在では七夕祭りと見間違うほど鮮やかに飾り付けられています。沖縄では、お盆の最終日とされる旧暦の7月15日に紙銭を燃やし、先祖が常世で使える銭を増やすウチカビが行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう