きものの日にはどんな種類や特徴があって魅力的なの - きものの日 2019年11月15日 -

きものの日を知っていますか?毎年11月15日に定められている日で、日本の伝統衣装であるきものが普及し、発展することを願って定められました。
きものには色々な種類があり、その特徴も様々です。きものの日について学んでみましょう。

-AD-

一度は着てみたいきもの

きものの日には一度はきものを着てみたいものですね。きものの種類も沢山ありますから、女性なら選ぶのに大忙しでしょう。そんなきものの日は11月15日です。様々なイベントが行われており、大勢できものを着てパレードをすることもあるようですよ。きものを着てショーに参加する、歴史について学ぶなど、色々なイベントが行われています。

最近ではきつけ教室も少なくなってきましたが、きものの日には自分できものを着つけてみたいものですね。そして色々なイベントに参加して1年1回のきものの日を楽しみたいものです。子供の頃は大勢の子供は浴衣を着たことはあるでしょうが、きものとなれば成人式が初めてという人も大勢います。そんな人こそ、きものの種類や特徴を学んできものの日を楽しみましょう。

どんな種類がある?着物の種類について

意外に知られていないのが、着物の種類です。女性用の着物には一体どんな特徴があり、種類があるのでしょうか。まず正装として使われるのが黒留袖という着物です。これは既婚女性の正装で、洋式で言えばイブニングドレスの意味合いを指します。生地は地模様のない地色で染められており、絵羽模様は下の位置にのみ置かれています。

色留袖は最近では未婚女性に着られることが多く、生地は縮緬でも地模様を織り出したものなどの特徴があります。また成人式でよく見かける振袖は未婚女性が身に着けるもので、正装とされています。袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖という特徴を持っており、花嫁の衣装などに使われるのは大振袖という最も袖の長い着物なんですよ。

もっとある女性の着物の種類や特徴

更に女性で言えば、訪問着として着用する着物にも特徴があります。帯の上にも下にも柄があり、全てが縫い目をまたがっているのが特徴です。パーティや結婚式などにお呼ばれする際に正装としてこのような種類の着物を着ることが多いようですね。既婚者未婚者関係なく着ることができるのも魅力です。

また訪問着と特徴が似ているのが付け下げという着物です。絵羽模様ではなく、反物の状態のまま染色するという特徴があります。付け下げという種類の着物は略式礼装になるので、儀式などに着ていくことができない特徴も持っています。ただ、軽い柄付けの訪問着よりは古典柄の付け下げのほうが各が良いとされているようですよ。

一般的な付け下げは、儀式など重い場では着ることはあまりできませんが、パーティなどでよく着用されるようですね。また普段着で着る袖という着物もあります。大島袖や紅花袖などの種類があり、普段着としてきられているようですよ。正式な場所以外は殆ど着ていくことができます。

男性にだって着物を着ることができる

男性にも着物を着る機会があります。特別で公式、儀式などの場所で着る礼装として、羽織や袴、五つ紋付などがあります。結婚式の花婿や仲人などが着る着物ですね。更に黒紋付の略装として着られるのが色紋付です。地味になりがちな男性の着物の種類の中でも個性を感じられるという特徴があります。城やグレー、茶や紺など無地染めにし、女性の色留袖と同格のレベルになります。

また女性と同じく、袖という着物も男性には存在します。礼装着ではありませんから、紋付でなくても良く、外出場所によっては袴を着ずに着ても良いという特徴があります。ただ、改まった訪問の場合は袴を着用するようですよ。外出時には羽織も着用します。

きものの日には是非着物を着て外出しよう

きものの日には是非着物を着る機会を作りましょう。なかなか普段着る機会のない着物ですから、きものの日くらいは着物を着て日本人であることを意識しても良いではないでしょうか。きものの日は定められていますが、最近では女性が普段の日でも着物を着ることは珍しくなくなってきました。きものの日以外でも着物で出かける女性をよく見かけます。

年齢を重ねた人が着ている着物も素敵ですよね。細身体型の人より、少し肉がついて、なで肩の人のほうが着物は似合うと言います。あまり細すぎるウエストの人は、タオルを何枚か巻いて着物を着つけるそうですよ。せっかくきものの日というものが日本にはあるのですから、是非素敵な着物を見つけて、1年1度は着てみても良いのではないでしょうか?

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう