きものの日には自分で着付け方法を知って着物を着よう - きものの日 2018年11月15日 -

きものの日というものが1年に1回ありますが、着物の着付けの方法を知っている人はどれくらいいるでしょうか?
覚えてしまえば簡単な着付けの方法ですが、慣れていない人にはかなり難しいといいます。着物はどう着るのでしょうか?

-AD-

きものの日に着付け方法を覚えよう

きものの日に自分で着付けをするというのはなかなか気分の良いものですね。最近では着物の着付けは美容室でも行ってくれますが、自分でその方法を覚えると、何かと便利なものです。いざ友人の結婚式など改まった席に出席する際など、自分で着付けができると、わざわざ美容院への予約を入れずに済みます。それに着付け料金も発生しませんから、きものの日を機会に着付けの方法を覚えてみるのも悪くないでしょう。

ただ、そのためには準備も必要です。ただ着物と帯だけを準備したら、着物が着れるというわけではありません。方法は難しいとは言いますが、昔の人、特に女性は皆着物は1人で着ていました。その方法をきものの日にちなんで覚えておきましょう。

どうすれば簡単に着物を着る方法を身につけられる?

着物の着付けはなかなか難しいものですよね。その方法を覚えるのも大変そうです。工程も多そうですし、大体が普段着なれないものなので取り扱いに迷う女性も多いでしょう。簡単に着物を着る方法はないのでしょうか?

まずはコツを覚えてしまえばそんなことはないようです。帯は帯の下側をきつく締め、上側を緩く締めると崩れにくいようですよ。また襟元は衣紋抜きをつけて衣紋を寄せ上げると美しい形になります。ただ、襟芯が入っていれば、襟先の端を胸下で伊達締めで抑えるようにすると、浮かずに綺麗な襟元になるんですよ。

また、補正をしっかりすることで簡単に着付けることができます。着物のが着崩れてしまうのは、補正がきちんとできてしないからです。バストとウエストに差があるのなら、タオルを何枚か重ねてできるだけ寸胴に近い状態にすれば簡単に着付けることができますよ。

帯は華やかなものがいい!結び方の種類は?

女性の着物の着付けの方法でやはり楽しいのが帯の結び方ですよね。一体どんな種類の帯の結び方があるのでしょうか。きものの日には帯の着付け方法もしっかり学んで帯で華やかな女性を、しっとりと大人に見せることができます。

帯の結び方の種類は、女性であれば蝶結びが有名です。蝶々のように羽が広がった優雅な結び方です。その他、花結びも華やかですね。方蝶流しやしだれ桜結びなどがあります。ふうせんという変わったものもありますし、貝の口結びなども一般的です。

アイリス結びと呼ばれるものや、フリージア結びというものもありますし、スイートピー結びという帯の結び方の方法もあるんですよ。若干今時な装いを見せています。なでしこ結びや一文字結び、のし結びなどは昔ながらの結び方ですから、きものの日に1度は覚えて起きたい着付け方法ですね。

着物は男性も着る!でもどうやって着付けるの?

男性でも女性と同じく着物の着付け方法があります。用意するものを一通り用意したら、着付けの開始です。まず肌着を身に着け、足袋を履きましょう。その後、長襦袢を着ます。両袖の先を左右に伸ばし、体の背中心と合わせましょう。上前を横に開き、下前を上に持ち上げつつ左の腰骨に引き付けます。上前も同じように腰骨にくるように合わせ、腰紐を結びましょう。横から見たときに前下がり、後ろ上がりになるようにし、しわを整えます。

そして着物を着ますが、男性の着物の着付け方法は長襦袢とほぼ同じですから、まだ簡単だと言えるでしょう。男性の場合は、多少ゆったりと着付けたほうが着物を着たときに雰囲気が良いので、女性のように苦しく締める必要はありません。着物を着たあとは羽織を着て終了です。

きものの日には自分で着て楽しむ

年に1度しかないきものの日。そんなきものの日には自分で着物を着て楽しんでみましょう。もし着物の着付けが分からなければ、きものの日が行っているスクールのようなものもありますから、着付けを習ってみるのも良いですね。きものの日を初めて知ったという人も多いでしょうが、日本人にとってきものの日はやはり記念日と言えます。女性は華やかに、年齢を重ねた女性はしっとりと、男性は貫禄のある着物を用意してそのようなイベントに出向くと楽しめることでしょう。

多くのイベントが開催されているようですから、是非この機会に着付けの方法を覚え、イベントを楽しむと良いですね。
毎年1回しかないきものの日ですから、せめてその日だけは着物を箪笥から出してあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう