きものの日に散策に行きたいおすすめの観光スポット - きものの日 2018年11月15日 -

11月15日はきものの日で、その日には普段は着物を着ない、着物を持っていないと言う人でも、着物レンタルを利用するなどして着物を着て、着物好きの人たちがおすすめだと言う観光スポットに散策に行くと、とても充実した時間がすごせるでしょう。

-AD-

きものの日に着物を着て散策に行くと楽しい

日本で作られた記念日には色々なものがありますが、11月15日がきものの日だということは、一般の人にはあまり知られていないかも知れません。ただ、現代の日本人は洋服を着るのが当たり前になっているとは言え、いざという時には着物を着たいと言う人は増えています。そのためこのきものの日も、そのうち多くの人にとってなじみのある記念日になる可能性があると言えるでしょう。

着物を愛する人のきものの日の過ごし方としては、着物を着て観光スポットへ散策に行くというものが人気です。自分は着物を持ってはいないけれど、着物を着てみたいと思っているのであれば、レンタルした着物を着て、着物好きの人たちがおすすめだと言うスポットに散策に行くという選択もできます。

きものの日に知っておきたい着物のレンタル方法

着物の日に着物を着て観光スポットに散策に行く場合に、自前の着物を着るのではなく着物レンタルを利用しようとする場合には、直接お店を訪れる方法と、ネットレンタルを利用する方法があります。その前者の方法は、まず電話などで予約してからきものの日にお店を訪れ、そこで好きな着物を選んで借り、目的を果たしたら返却時間までにそれを返しに行くというものなので、基本的にシンプルです。

後者のレンタル方法も、決して複雑ではありません。お店のサイトで好きな着物を選んで注文するとそれが宅配便で送られてくるので、レンタル期間の間にそれを着用し、返却期限までに宅配便で送り返すというのが基本的な方法です。ただ来店する方法と違い、送ってくるまでに時間がかかるので、きものの日に間に合うように余裕を持った注文するのがおすすめです。そのどちらの方法においても、レンタルの際に必要なものは通常ありません。着物以外に使用するものも、お店の方で用意してくれる場合がほとんどです。

京都は歴史のロマンが感じられるからおすすめ

きものの日に着物を着て散策するのにおすすめの観光スポットはどこかと尋ねられると、多くの人がその名前を挙げるのが京都でしょう。京都は海外からも多くの観光客が訪れる、日本を代表する観光スポットとなっていますが、その理由として大きいのは、日本の伝統を感じられる場所が今でも数多く残っており、歴史のロマンを存分に感じることができることです。

そのような魅力のある京都を散策する際に、その雰囲気に自分もなじむためには、着物を着るのが最適な方法だと言えます。数多くの神社やお寺、昔ながらの町並みなどを着物で散策すると、とても充実した時間がすごせるでしょう。また着物レンタルのお店がいくつもあるので、手ぶらで訪れても着物を着ることができるという点も、おすすめの理由の一つだと言えます。

鎌倉は古都ならではの魅力があるからおすすめ

着物を着て散策するのに適した観光スポットの中で、比較的東京から近いために多くの人がオススメだと語るのが鎌倉です。もちろんおすすめだと言われるのは交通が便利なだけではなく、この街には古都ならではの魅力がたくさんあるという理由も大きいと言えます。

鎌倉には歴史を感じさせるお寺や神社がたくさんありますが、その中でも特におすすめだと言えるのが、鎌倉の大仏として有名な阿弥陀如来像がある高徳院です。奈良の大仏とは異なり、屋外に鎮座するその姿を眺めて、多くの人が感動を味わっています。もちろん鎌倉にはそこ以外にも、きものの日のある秋を満喫できるスポットがたくさんあります。さらにこの鎌倉にも、着物レンタルのお店が何軒もあるという点は、京都と同様におすすめできる理由の一つです。

きものの日に着物で散策して日本の魅力を再確認する

多くの日本人にとって、着物は身近なものではなくなっていますが、それでもいざという時には着物を着たいと言う人は大勢います。そういった人は、11月15日のきものの日には着物レンタルを利用して、多くの着物好きの人たちがおすすめだと言う観光スポットを訪れると、とても充実した1日がすごせるでしょう。

着物を着て散策するのに適した観光スポットとしては、やはり歴史を感じさせる場所がいいと言うことで、西日本なら京都、東日本なら鎌倉が特におすすめだと言えます。それらの街には古都ならではの魅力がありますし、また観光客に人気の着物レンタルのお店がいくつもあるので便利です。そういった体験をすることで、日本の魅力を再確認することができるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう