きものの日に手入れ考えてきちんと保管しておくとは - きものの日 2019年11月15日 -

着物は、大切に保管しておかないとすぐに生地が傷んでしまうことがあります。
そうした理由から正しい知識を学んでそのことを実践していくということが重要なポイントになっています。
きものの日をきっかけに手入れを考えておくことも大事です。

-AD-

きものの日に見直してみるとは

きものの日に手入れをきちんと考えておくということによって、長期的に保管しておくということが可能となっています。着物は基本的には風通しが良いところに保管するということが基本となっています。また、シワが出来やすいということからきれいに折りたたんで保管しておくということも重要です。手入れを定期的にしておくということも必要となっています。

きものの日に手入れをするということを決めておけば、忘れにくいですし分かりやすいです。手入れをしっかりとすることで次の世代にも受け継がせていくということも可能となっています。保管するということであれば、どんな方法が手入れに必要となっているのかを知ることも大事です。

お手入れを知ることによって

汗対策などもきちんとするということがお手入れをするという意味では、大切なポイントになっています。汗染みが出来た場合には、タオルに水を染みこませて軽く叩くなどで簡単にお手入れをすることが出来ます。また、きものの日は着物の保管なども含めて、勉強しておく良い機会となっています。

着物は埃対策もきちんとしておくことが大事です。埃がつきやすいということから、ブラシなどで生地を傷めないように埃を落としておくということが大切なポイントになっています。シワ対策をする場合には、アイロンをかけるという方法もあります。その場合には、スチームアイロンを使用しないということも重要です。スチームアイロンを使ってしまうと、生地が縮んでしまうことがあります。

着物は保管しておくことによって

きものの日は、着物のことを考えるためにある日となっています。お手入れをする上では、保管場所をきちんと決めておくということが大事です。保管するのであれば、蛍光灯などの光を当てないということが大事です。色やけしてしまうリスクがあるからです。そのため、衣装ケースなどに入れて専用の保存剤を入れておけば着物は良い状態を保つことが可能となっています。

きものの日は、手入れをしておくということであればタイミングとしても最適です。定期的に行っていくということで、着物の状態をチェックしてその状態に適して対応をしていくことが出来るためです。保管場所をきちんと確保しておけば、着物は傷めにくいという部分もあります。保管をきちんとすることで着物の価値を落とさずに済みます。

保管する際の注意点に関して

着物を保管するということであれば、注意点があります。保管している場所によっては湿気が溜まりすぎるということもあります。そうした場合には、定期的に虫干しなどで湿気を飛ばしておくということも大事です。湿気を飛ばしておくことによって、着物が傷んでしまうリスクを避けていくことが出来ます。きものの日などを目安に虫干しなどをしておくと分かりやすいです。

きものの日は、着物のことを思い出すことが出来る日でもあります。着物は、定期的に出して着てあげるということがもっともリスク対策になるという意見もあります。外に出して上げるということによって、生地も傷んでしまうリスクなどから守っていくということが出来ます。

着物はきちんと大切にすることで長持ちしていくとは

着物は、保管や手入れなどを含めてきちんと大切にすることで長持ちさせていくことが出来ます。きものの日は着物のことを勉強するという意味では大切な記念日でもあります。着物は、奥が深い衣装ということもありきちんと勉強するということが重要となっています。長持ちさせていきたいということであれば、着物の生地などに適した適切な対応を行っていくということが必要となります。適切な対応しなければ、すぐに傷んでしまうという特性などもあります。

どんな保管方法で保管するかや手入れをするタイミングによっても、着物の状態は大きく変化していくということから注意が必要となっています。着物は、大切にすれば長持ちさることが可能です。きものの日は、着物を見直す日でもあります。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう