こどもの日(端午の節句,菖蒲の節句) - 2017年5月5日 -

こどもの日の起源や語源、歴史、
またこどもの日に行われる行事などこどもの日に関することを解説。

-AD-

こどもの日の起源はどこに

こどもの日は別名、端午の節句とも言います。端午とは月の端の午の日のことを指します。すなわち、毎月初めにくる午の日が端午です。5月は十二支の午にあたります。

そして午は「ご」とも読むので数字の5と同じ読みということで5月5日が端午の節句になりました。この端午の節句ですが、中国の厄払い行事が起源になります。中国では、5月(旧暦)に流行り病でなくなってしまう人が多く、5の数字が続く日は悪い意味があるとされていました。そのため、この5月5日に厄払いをするようになりました。この日は菖蒲を門に飾ったり、菖蒲酒を飲むことで厄を取り除きます。菖蒲は尚武と同じ読みであり、尚武とは武道などを重んじる武士の意味です。

さらに菖蒲の葉先は刀のようにとがっています。そのことから男の子の行事となりました。

鯉のぼりを飾るのはなぜ

端午の節句は江戸時代、徳川幕府の江戸城で将軍のお祝い日となっていました。嫡男がめでたく誕生すれば、端午の節句に男児のお祝いもしていました。そのとき、のぼりを上げてお祝いをしたのが鯉のぼりのもとです。

武家では男の子が生まれればのぼりを立ててお祝いする習慣がありました。やがてその風習は庶民にも広がっていきました。このお祝い用ののぼりに鯉の絵を描き始めたのは庶民です。中国には鯉が黄河という大河の竜門を登ることができたら竜になるというお話があります。当時の庶民はこれにちなんで子どもの立身出世を願い、鯉を描いたのぼりを作り始めました。そしてこどもの日にそののぼりを立てました。親が子どもの成長を願い、将来幸せになってほしいという思いが鯉のぼりには込められています。

こどもの日に食べるちまきと柏餅

こどもの日にはちまきを食べます。その由来もまた中国にあります。むかし、屈原という誰からも愛される人がいました。その人はある日地位を失ってしまいますが、その悲しみのため川に身投げをします。

それを知った人々は屈原の遺体を魚たちが食べてしまわないように、食べ物を川に投げ入れました。それがちまきでした。そしてこの屈原が身投げをした日が5月5日だったのです。それからというもの、5月5日にはちまきを災い除けとして作り、食べるようになりました。ちまきは中国が由来ですが、柏餅の由来は日本です。柏の葉は新芽がでるまで古い葉が落ちません。よって跡継ぎである子どもが産まれるまで親が死なないとし、柏餅を食べるようになりました。家が繁栄しますようにとの意味が込められています。

こどもの日と端午の節句の由来

こどもの日は5月5日にある国民の祝日です。制定されたのは昭和23年です。これだけをみると歴史が浅いように思われますが、実は古来からの日本の行事に由来し、それが戦後になり祝日となったのです。

5月5日のことを端午の節句ともいいます。端は月の初め、午は午の日つまり5日です。ということは、1月5日も12月5日も端午の節句ということになりますが、5月は午の月ということもあり5月5日が一般的に端午の節句と呼ばれるようになりました。

端午の節句は元は中国の年中行事でした。雨季前に邪気祓いのため香りの強い菖蒲酒をのんだりする習慣があり、それが日本に伝わりました。宮中のだけでなく、田植え前の物忌みとして農村にも広く伝わり、さらに鎌倉時代に入ると、菖蒲という言葉が「勝負」とにていること、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから武家の男子の行事として広く認識され始めました。

こいのぼりの由来について

こどもの日といえば、誰もがイメージするのがこいのぼりでしょう。

鯉は、中国の故事の中では、立身出世の象徴とされています。黄河に龍門という関があり、その関を登りきると、魚は霊力を宿し龍になると言われていました。どの魚も登れなかった龍門を唯一登り切ったこいは、立身出世の象徴とされたのです。登龍門という言葉もここから来ています。

江戸時代、将軍に男の子が生まれると、家紋を掲げる習慣がありました。それを江戸の町民たちが中国の故事より、立身出世のシンボルであるこいを紙で作り掲げるということを考案しました。当時は乳幼児の死亡率が高いため、子供に対する思いが込められていたのでしょう。

紙で作られていたこいのぼりは、雨でも壊れないよう布で作られるようになりました。昭和になると現在のような合成繊維のこいのぼりが登場しました。

五月人形の由来について

今ではこいのぼりよりは少なくなりましたが、五月人形を家に飾るところもあると思います。古来より日本には、人形を自分の身代わりとして自分の災厄を被ってもらうお祓いの仕方がありました。ひな人形もまさにそれで、男の場合は武者人形、女の子はひな人形に自分の災厄を被ってもらっていたのです。

五月人形と呼ばれる武者人形は、平安時代から鎌倉時代の武士の姿をもとにしています。男の子が、たくましく勇ましく育つようにとの願いが込められています。

代表的な五月人形を挙げます。

牛若丸・・・源義経の幼名です。鞍馬寺に預けられ武芸を磨き、その後平家打倒の主役となります。
弁慶・・・義経の家臣である武蔵坊弁慶です。立ち往生など数々の逸話が残されています。
金太郎・・・昔話に出てくる金太郎ですが、坂田金時という力自慢がモデルになっています。

古代では今と全く違う5月5日だった

日本に於くこどもの日は、児童の成長及び幸せを願いながら子を産んだ母親に感謝をする日です。しかし起源は全く異なる趣旨をもっていたようです。

こどもの日の起源は古代の中国にあり、昔の中国では5月が嫌われていたといいます。嫌われていた理由は雨季に入るからで、雨が続くと体調を崩す女性が増えたり作物に支障が出たりなど災厄の多い月であったからです。

そのため、5月に厄払いが行われるようになります。中国では月の数と日の数が同じの時に厄払いの力があると思われていたので、5月5日に蓮などでお祓いを行っていたといわれています。

この古代中国の風習に日本に存在した5月忌みという行事が組み合わさって、こどもの日の起源が誕生します。

5月忌みは田植えをする前に若い女性が行う風習で、古代の日本では田植えは神聖なことなので清らかな若い女性が田植えをしていたようです。

時代に合わせて趣旨が変化していく

もともとは女性を清める日とされていましたが、鎌倉時代になると男性が優位になる時代となります。その流れと共に5月5日は端午の節句となり、男の子の成長や出世を願う日に変化したようです。

男の子の日が風習化した頃には勝負や尚武と同じ音の菖蒲を飾ったり、菖蒲湯で清めを行うようになります。

日本特有のこいのぼりは江戸時代から登場しているとされ、発案したのは町の人といわれています。語源は、初期の呼び名である鯉の幟(のぼり)です。

鯉は清い水・濁りのある水・範囲の限られる池など、どこでも生きられる生命力を持ちます。そのことから子どものたくましい成長を願う意味合いが込められたようです。

出世には中国の登竜門が関係しており、滝登りで下から上に行く勢いある元気さが由来です。中国では鯉が滝を昇る姿が竜に例えられることもあります。

現代に残る趣旨を大切にしよう

日本で正式に、こどもの日が定められたのは1948年です。子どもが持つ人格を大切にし、健やかなる成長と幸せを願う趣旨があります。しかし忘れてはならない趣旨がもう一つあり、それは母親への感謝の気持ちです。

端午の節句から男の子だけの日と勘違いされることもありますが、本来の意味では男女関係なくこどもの日です。これからどんどん成長する子どもが、健やかに元気に育って幸せになってくれるよう願う祝日です。

子どもたちは柏餅やちまきなど食べ物の方が気になるかもしれませんが、兜やこいのぼりの大切さも伝えられると良いです。柏餅やちまきは、地域により形や伝わる風習が異なる場合があります。こどもの日シーズンには和菓子屋さんに並ぶようになるので、子どもと一緒に買いに行くのも良いと思います。

なぜ男の子の行事なのか

こどもの日は端午の節句と言われており、隣国の中国から入ってきたもので厄払いの行事として歴史があります。

しかしなぜ男の子だけの行事なのかというと中国では旧暦の5月は病気が流行っており亡くなる人が多かったので5という数字が続く5月5日は悪い意味を持つ日だと認識されていました。日本では菖蒲はブドウや軍事を大切にする武士である尚武と同じ読み方であることから男の子が誕生したら立派に育つように飾りつけをして成長を祝う行事になったと言われています。また強い香りである薬草の菖蒲をよもぎと一緒につるして厄払いをするようになりました。元気に一年を過ごすことが出来るようにという願いも込められており、厄払いの菖蒲からごろを合わせて男の子の行事になったと言われています。

なぜ5月5日がこどもの日なのか

こどもの日である5月5日は祝日として定められており端午の節句からこどもの日と言われるようになりました。しかしなぜ5月5日がこどもの日なのかというと、端牛がはじめの午の日という意味で5月に限ったことでも5日に限ったことでもありませんでした。

そこから子が11月、丑が12月、寅が1月、卯が2月、辰が3月など12支で数えていくと午は5月になるため、最初は5月の最初の午の日に節句として祝っていました。

そこから5日になったのは端午の午が数字の5と同じ発音だからです。このようにはじめは特に5月5日を特定して指していたわけではありませんが、語呂合わせで5月5日がこどもの日になったと言われてます。今では5月5日がこどもの日だということが誰もが知っていますがこの日になったのにはこのような歴史的背景があります。

なぜこどもの日にこいのぼりを飾るのか

こどもの日というとこいのぼりのイメージが強いと思います。なぜ子どもの日にこいのぼりを飾るようになったのかというと5月5日は江戸時代に江戸城で将軍のお祝いをする日であったと言われています。

将軍に男の子が生まれると同日の5月5日に男の子のお祝いをするようになりました。こうしたのぼりを上げるという行為が次第に庶民の間にも広まっていき、庶民は中国で言い伝えられていた立身出世から鯉の滝登りをイメージしてのぼりに鯉をかき節句を祝い始めたのがこいのぼりの始まりです。鯉が滝を登り竜になって天に登ったという言い伝えから子どもに立派になってほしいという願いや意味が込められています。

そして現在に至るまでこどもの日にはこどもの成長を願ってこいのぼりを飾るという行事が行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう