こどもの日と端午の節句の由来について - こどもの日 2018年5月5日 -

-AD-

こどもの日の由来について

5月5日はこどもの日です。ゴールデンウィークの真っ最中なので、あまり気にせずに過ごしている人も多いのではないでしょうか。

こどもの日は、元々中国で行われていた厄払いのための行事です。それが平安時代に日本へ伝わり、宮中行事として行われていました。現在のように菖蒲を飾ったりお風呂に入れて入ったりするようになったのは鎌倉時代が始まりです。菖蒲が剣のように見えることや菖蒲を「勝負」や「尚武」にかけたと言われています。

少しずつ子どもの成長を願う日が男の子の日に変わっていきましたが、昭和23年に、男女問わず子どもの幸せを願う日として今のような「こどもの日」へ変わっていったのです。とは言え、やはり現代でも5月5日は端午の節句といって男の子の成長をお祝いをする要素が根強く残っているようです。

端午の節句をお祝いするのは

端午の節句というのは、昔鎧や甲を飾り、こいのぼりをあげることで立身出世を願うものでした。菖蒲を飾るのはもちろんのこと、柏餅を食べると言った風習も今もなお残っています。なぜ柏餅なのかというと、柏は次の新しい葉が出てくるまで古い葉を落とさないので、「家系が途絶えることなく末永く繁栄する」といった意味合いも込められているようです。特に江戸時代は男の子に家督を譲らなければならなかったので、男の子が病気をせずに大きく成長することは大切なことだったのです。

端午とは、月初めの午「うま」の日なので5月に限ったことではありませんが、5月がちょうど午の月にあたることから、午が重なる縁起のよい日として5月5日が端午の節句とよばれるようになりました。梅雨入りする前の病気が流行る季節も関連していたと考えられています。

健やかでたくましい子になるように

現在も梅雨時期はさまざまな病気が発生する時期ですが、それは昔も同じことでした。ですから特にこの時期は厄払いをして子どもが病気にならないように願ったのかもしれません。

今のように医療が発達しているわけではありませんので、子どもが大きく成長し成人するのは大変なことでした。こういった節目節目の行事でお祝いすることで、健やかでたくましい子どもになってほしいという親の願いが込められていたのでしょう。

現在のこどもの日は、男の子も女の子も関係しなくなりましたが、やはり5月5日にはこいのぼりをあげ、甲や鎧を飾る風習が残っています。こういった風習も少しずつ薄れてきてはいるものの、子どもの健やかな成長を願う気持ちは昔と変わらないはずです。こういった行事は次の世代へ受け継いでいく必要があるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう