こどもの日は男の子の成長を祝う日ではなかった? - こどもの日 2018年5月5日 -

-AD-

女性が身を清める日?

5月5日のこどもの日といえば、こいのぼりをあげて男の子の成長を祝う行事として定着しています。

しかし、こどもの日の起源は女性のための日だったと言われています。
起源は古代中国にまで遡ります。

古代中国には、雨季に入る5月は病気や災厄が多い月としてお祓いの必要性がありました。
月と日が重なる5月5日は、邪気を払うということで、菖蒲や蓮でお祓いが行われました。
今度は日本に戻り、こちらでは5月は田植えの時期で、5月忌みという伝統行事が行われていました。5月忌みは、「田植え=神聖な行事」ということで、若くて清らかな女性が行うものとして、女性たちが体を清めるために行っていた儀式です。
この古代中国の邪気払いと、日本の5月忌みの2つの行事が合体して、田植え前には女性が菖蒲酒で身を清めて邪気を払うという行事が始まりました。
これがこどもの日の起源です。

鎌倉時代の男性中心社会

こどもの日は、もともとは女性が身を清めるための日だったということです。
これが男の子の成長を祝う行事に変化したきっかけは、鎌倉時代です。
鎌倉時代は男性中心の世界で、武士が勢力を強めていました。
今までは女性のための日だったのが、次第に男性のためのものになっていきます。
菖蒲の葉が県に似ているから兜に菖蒲を飾ったり、菖蒲と勝負や尚武(武道や軍事を重んじること)という言葉にかけられるようになりました。
兜や鎧は身を守る象徴として、神社に参拝する際に奉納するというしきたりもできました。
さらに菖蒲湯で身を清めたり、兜や鎧を飾る風習ができあがって、女性のための日から、男の子を祝う日に変わっていったということです。
もし鎌倉時代が男女平等の時代であれば、今も女性のための日だったかもしれません。

鯉のぼりをあげる理由

日本では、将軍に男の子が生まれると旗指物(はたさしもの)という家紋つきの旗や幟を立てて祝う風習がありました。
これが武家に広がっていき、男の子が生まれた印として幟を立てるようになりました。
その武家を見習った江戸庶民たちが「鯉の滝登りで立身出世のシンボルになった鯉を、幟にしてしまおう」というアイデアを思いつきました。
武家の幟をヒントに、江戸庶民の間でも鯉のぼりがあげられるようになりました。
江戸時代では和紙に鯉の絵を描いただけのものでしたが、大正時代には破れにくいものになり、昭和では合成繊維と進化していき、今に至ります。
今ではお菓子つきの小さな鯉のぼりや、インテリアとしてベランダに飾れるようなミニサイズのものも人気があります。
こどもの成長と立身出世を願って掲げられているのが、鯉のぼりです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう