こどもの日 - こどもの日 2018年5月5日 -

-AD-

端午の節句,菖蒲の節句とも呼ばれる

こどもの日とは日本における国民の祝日の1つで、端午の節句(菖蒲の節句)である5月5日に制定されています。こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨で定められました。端午の「端」は始まりを意味し、「午」は午(うま)の日を意味していました。ですから、元々端午というのは5月初めの午の日という意味だったのですが、午(ご)という文字が五に通じることから5月5日に定着したと言われています。

端午の節句は奈良時代に中国から伝来した風習の1つで、厄払いの行事と言われています。中国では旧暦の5月は病気が流行り亡くなる人が多かったため菖蒲を門にさしたり、菖蒲をつけたお酒を飲んだりして厄を払っていました。日本でも菖蒲には葉からでる強い香りが邪気を払い健康を保つ力があると古来から信じられており、軒先などに菖蒲を飾っていました。そのため、5月5日は菖蒲の節句とも呼ばれ、今でも菖蒲湯につかる風習が残っています。

奈良時代に伝えられた端午の節句ですが、政治の中心が公家から武家に移ると、菖蒲(しょうぶ)の音が武を重んじる尚武(しょうぶ)に通じるとして盛んに祝われるようになります。家の跡継ぎとして生まれた男の子が無事に成長してくれることを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となっていきます。そして江戸時代に入ると男の子の節句としてすっかり定着し、武家で甲冑やのぼりを飾るのを真似て町人の間でも武者人形や鯉のぼりを飾るようになりました。

最近のこどもの日はゴールデンウィークの真っ最中なので、遠方の実家に帰省したり旅行に出かけているといった人も多いのではないでしょうか。こどもの日にちなんだイベントなども全国各地で開催されています。

男の子がいる家庭で兜や五月人形、鯉のぼりを飾ることも多く、柏餅を食べたり菖蒲湯につかったりといった風習は今でも残っています。ただ、マンションなども増え住まいも変化しているため、室内やベランダに飾れるサイズの小さい鯉のぼりなども人気になっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう