はちみつでカロリーを抑えておいしくダイエット - はちみつの日 2018年8月3日 -

はちみつはしっかりした甘さがあるのに砂糖よりもカロリーが低いという特徴があります。そのため同じスイーツを食べたとしても砂糖を使用するかはちみつを使用するかでカロリーが大きく変わるためダイエットにも繋がります。

-AD-

自然の甘味でカロリーを抑える

働き蜂によって集められた花の蜜は、ただ甘いだけではなくほのかな花の香りもあいまって非常に上品な甘味料となります。

はちみつは非常に古くから存在しており、紀元前6000年頃のものとみられるスペイン東部の洞窟からははちみつをとる人々の姿が描かれています。またギリシャ神話にも養蜂神というものが登場します。それだけ長きにわたって人々と密接な関係を築いてきたといっても過言ではありません。

人工甘味料と違って自然の甘味を持つはちみつは、栄養もたっぷりです。そのため健康面でも美容面でも嬉しい効果をもたらしてくれることが認められています。特に女性の永遠のテーマともいえるダイエットにも効果があると言われています。

はちみつに含まれる成分やカロリー

はちみつの成分は糖、有機酸、酵素、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ポリフェノールで構成されています。甘みが強いため砂糖と同じように糖しかないと思われがちなのですが、実はこれだけたっぷりの栄養が含まれているのです。

一般的に料理やお菓子に使用されている白砂糖よりもカロリーが低いことが認められています。使用する白砂糖の半分の量のはちみつで同じだけの甘さを感じることができます。また糖分の摂取は急激な血糖値の上昇を招く恐れがあるのですが、はちみつは食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれることも分かっています。様々な成分が含まれている上にカロリーが白砂糖よりも低いという良さがはちみつの大きな特徴です。

どのようなダイエット効果があるのか

白砂糖に比べてはちみつはカロリーが低いという特徴があります。そのためなるべく白砂糖を使用する場面でははちみつを代用するとカロリーを抑えることができるためダイエット効果が期待できます。

注目すべきはカロリーだけではありません。人間の体が脂肪を燃焼するのは起きている間だけではありません。眠っている間にも脂肪を燃焼しているのです。しかし効率よく燃焼させるためには質の良い睡眠が必要です。はちみつには質の良い睡眠を得る手助けをしてくれるため、結果的に睡眠中の脂肪燃焼を活発にしてくれます。

この2点がはちみつに期待されているダイエット効果です。この2点を意識することによって体質の改善にもつながります。

はちみつを使ったダイエット法

料理に白砂糖を使ったり、紅茶に白砂糖を入れたりなど、日常的に白砂糖が登場する場面というのは意外と多いものです。こういった時には白砂糖ではなくはちみつに置き換えるようにしましょう。少量で十分な甘みを感じることができるため、調理した料理のカロリーを抑えることができます。

また寝る前にはちみつを食べるというのも効果的です。質の良い睡眠を誘うことで成長ホルモンが活発に分泌され、脂肪燃焼を促してくれます。痩せるだけではなく質の良い睡眠をとることで体の疲労をしっかり回復させることもできるためダイエットだけではなく健康面でも非常に嬉しい効果が期待できます。これらのダイエット法は継続して続けることが大切です。

はちみつダイエットの注意点

いくら白砂糖よりもカロリーが低いからと言っても、食べ過ぎは太る原因になります。そのため油断して必要以上に食べないように気を付ける必要があります。

またはちみつが質の良い睡眠を誘ってくれるのは事実ですが、そのためには条件があります。食事は必ず寝る3~4時間前に済ませるということです。寝る直前に食べてしまうとそれだけで太る原因にもなりますし、更に消化しようと胃が活発になってしまい、いくらはちみつを食べても質の良い睡眠は得られなくなってしまいます。

ただはちみつを食べるだけという簡単なダイエット法ですが、結果を出すためには食べる量や時間など注意しなければならない点があります。カロリーが低いからと油断していると痩せるどころか太る恐れがあるので、ダイエット目的で摂取するのであればきちんと決まりを守りましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう