栄養豊富なはちみつの美容効果 - はちみつの日 2017年8月3日 -

はちみつにふくまれている成分は栄養価に優れていて、健康や美容に高い効果、効能があることがわかっています。はちみつはそのまま食べる以外にも、さまざまな活用方法があります。

-AD-

栄養価が高いのは天然純粋はちみつ

はちみつは、無数のミツバチたちが花々から蜜を集めて、巣に持ち帰り貯蔵されます。天然のはちみつはとても濃厚で栄養成分が豊富にふくまれており、食べて美味しいのはもちろん、健康や美容などにも高い効果があることで知られています。

健康や美容のためにはちみつを利用するのであれば、天然の純粋はちみつを使用するようにしましょう。スーパーなどで販売されている安価なはちみつは、水あめなどの混ぜ物が混ぜられているものが多く、天然のはちみつが本来もっている栄養成分が、じゅうぶんふくまれていないことが多いからです。天然の純粋はちみつは少々高価となりますが、それだけ健康や美容への効果も高いといえます。

はちみつの栄養の秘密はミツバチにあり

1匹のミツバチが生涯のうちで集められるはちみつはティースプーン1杯分だといわれています。ミツバチによって花から吸いとられたはちみつは、一旦ミツバチの蜜胃とよばれる特別な袋におさめられ、巣に持ち帰られます。その後内勤の働きバチに口移しではちみつが渡され、巣穴に蓄えられます。蓄えられたハチミツはミツバチの羽ばたきによって水分が飛ばされ濃縮されます。

はちみつの栄養の秘密はミツバチにあります。はちみつの成分であるショ糖は、ミツバチの体内でブドウ糖と果糖に分解されます。極限まで分解されたはちみつには美容にいいといわれるミネラル類、ビタミン類、アミノ酸、酵素などの栄養素がふくまれていて、乾燥肌や肌荒れを改善し美肌の効果が期待できます。

美肌になれるはちみつパック

はちみつには美容にいいとされる栄養素がたっぷりふくまれていて、かのクレオパトラもはちみつを髪や肌に塗って美を保っていたといわれています。はちみつは食べるだけでなくパックとして利用しても、美容に効果があるのです。

パックとしての使い方はとても簡単です。まず、しっかりと洗顔して顔を清潔にしたあと、はちみつを手のひらに大さじ1杯ほど垂らし、皮膚に伸ばすように塗っていきます。そのまま5分~10分ほど放置します。その後丁寧にはちみつを洗い流して終了です。人によっては、アレルギー反応が出る場合があるので、初めてパックする場合には、必ず事前にパッチテストをしてから顔に塗るようにしましょう。

美容液や化粧水にはちみつを入れるメリット

美容液や化粧水にはちみつを1滴~2滴ほど混ぜて利用すると、はちみつの働きで肌の保湿力がアップします。はちみつには優れた殺菌、抗菌作用や消炎作用もあるので、はちみつがプラスされた美容液や化粧水を肌に塗ると、肌のバリア機能が高まり、ニキビ肌やアトピーなどの改善にも効果があるとされています。

はちみつで美容液や化粧水をつくるさいには、少量ずつつくるようにして、つくり置きはしないようにしましょう。温度や湿度が管理されていない一般の環境では、はちみつにふくまれている殺菌、抗菌作用の効果を維持しつづけるのは難しいからです。美容効果を最大限に得るためには、やはり、新鮮であることが大切になります。

はちみつはミツバチが生んだ神秘の成分

栄養成分がたっぷりとふくまれているはちみつは、食べても美容や健康にいいのはもちろん、添加物が一切入っていない天然の美容液としても幅広く活用できます。また、白砂糖よりもカロリーが低いので、ダイエットにも最適で、子どもから大人まで、誰にでもおすすめできる食品です。

はちみつは、人がとうてい集めることができない、大自然からの贈り物です。かつて中国では、栄養豊富なはちみつは、不老長寿の妙薬として、人々から珍重されていたことがしられています。宝石の琥珀のように美しく輝くはちみつからは、自然の神秘が感じられます。ミツバチが生んでくれたはちみつの神秘の栄養成分で、内側からきれいになりましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう