ひげの種類と場所について - ひげの日 2018年8月8日 -

ひげは昔からお札や肖像画に登場する人物としてよく知られています。代表的なひげの種類や場所としてはあご、口、ほおの3ヶ所3種類のものがよく知られ、これらが組み合わされて生やされる場合もあります。

-AD-

ひげの種類と場所

ひげには種類と場所がありあごひげは多くの人が似あうとされるひげ型でこの幅が広がるとがっちりとした印象になり、狭くなるほどおしゃれな印象になります。ほおひげは場所的にはほおから顔の輪郭にそったひげのことを指し、顔を鋭く引き立て又、顔を小さく見せる効果も持ちます。もし顔が大きいとかエラが張った顔で悩んでいる際には小顔効果を持つことがあります。

口ひげは場所としては鼻の下に生やすひげのことです。インテリに見えたり貫禄がつくひげ型として知られています。いずれもひげが似合うひとということが条件になりますが、育毛剤によってひげの成長を促すことも可能で、その際には自分に合ったひげのかたちにすることが出来ます。ある程度は体を鍛えてバランスを整えておくことも大切とされています。

ひげの種類と印象

口ひげは細目にするとインテリ風に見え太目にすると優しい感じになります。顔型とも関連していますからどういう形に整えるかはセンスも必要です。幅が広くなるにつれワイルドな感じになりますし、小さくするとおしゃれな感じに見えます。

頬ひげは顔を小さく見せる効果を持ちます。エラの張った顔の場合にも似合います。あごひげは初心者としては伸ばしやすいものです。始めて伸ばすような場合には玉ねぎ型として生やす場合も多くスタイルを変更したくない場合には適しているとされます。あごから唇下にかけて山形に生やすと印象になります。口ひげとあごひげを組み合わせたスタイルもあります。あごひげは3角形になるようにするとセックスアピールの効果を持つとされます。

その他のユニークなひげ型の種類

口ひげとあごひげを組み合わせたコンビネーションスタイルという種類もあります。どちらも長めに生やしあごの場所は3角形になるように意識して生やすと良いものです。口周りと唇下、あごの3段構えで生やす種類もありミルフィーユと呼ばれています。ひげが濃くなくてもワイルドな印象を与えるとされています。箱型に整えるボックススタイルと呼ばれる種類もありますがこれはバランスを整えることが重要となります。

くちひげとあごひげを長さを揃えることであご、唇下、口ひげにかけてヤシの木のように見えパームスタイルと呼ばれる種類があります。毛を短めに切って口からあごにかけてつながるように生やすことでフットボール型という種類にでき、サッカー選手などで良くみられるのものです。

顔型によるひげの選び方

顔が丸い場合には輪郭にそって伸ばすあごひげが適しているとされます。唇の幅に揃えたあごひげは丸顔を小さく見せシャープな印象を与えるとされています。あごひげと合わせることでクールに、頬ひげと合わせることでワイルド感が出るものです。四角の顔はもみあげ場所とあごひげ場所をつなぐのが効果的とされています。逆三角形の顔の場合はあごの場所の中央から口角の場所にかけて丸くのばしたものが似合うとされています。

面長の顔の場合にはあごの幅分だけひげを伸ばしたスタイルが似合うとされています。あごの場所の下の部分にひげを作ることで顔が長いのを短く見せる効果を持つとされています。輪郭線にひげがあると顔の長さを強調することになるのでこれは避けた方が良い場合があります。

ひげの歴史で印象的なものとは

ひげの歴史としてよく知られているのは飛鳥時代の皇族・政治家はお札にも印刷され一番知られているのではないかと思われます。あと歴代の将軍や政治家も肖像画が残っていて面影が偲ばれます。
外国では米国の初代大統領の人物像は大きなひげを生やしていて多くの人々にも知られています。明治時代から戦前にかけては政治家や軍人、華族など社会的に地位の高かった人の写真などが多く残っていてひげの種類も多かったことがうかがわれます。

変わったところでは中国人の頬に近いあたりから両側へ長く垂らすひげが印象的でありましたが、検索サイトにおける画像では削除されたのか見つけることが出来なくなっています。戦後高度成長期にかけてはひげを伸ばす人々は一気に減った感があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう