女性のひげの原因について - ひげの日 2018年8月8日 -

8月8日はひげの日とされていますが、ひげは男性のみならず女性に生えててしまいます。原因はホルモンや生活習慣・カレイなど様々にありますが、しっかりと処理をすることが大切です。

-AD-

女性にとってのひげとは

ひげは男性の顎や鼻の下・輪郭などに生えており、おしゃれとして楽しむ方も増えています。しかし女性の場合はムダ毛と判断されてしまうケースがほとんどであり、その処理を怠ってしまうと手入れがなっていないと評価されることも多いです。

ひげの現れ方や部位についても様々にありますが、正しく処理をしておかないとかえって太くなってしまったり、肌荒れや色素沈着・埋没網などさまざまな影響を残してしまいます。そのため女性のひげに関しては非常にデリケートな問題となっており、正しく処理していかないといけません。そのうえでも自身のひげの原因と特徴を理解しておき、その処理の方法とポイントも知っておく必要があります。

女性のひげの原因について

ひげの原因の一つにホルモンバランスの乱れがあげられます。ひげに関しては男性ホルモンが大きく働きを占めており、分泌量や作用が高まることでより発生しやすくなります。女性は元々女性ホルモンが多く、男性ホルモンが少ないため発生しにくいです。しかし加齢や妊娠・ストレス・生活習慣など様々なことが原因となり、ホルモンバランスが崩れてしまうことにつながります。また男性以上に女性は不安定のため保つことが大切です。

日常的にひげが生える部分に触れていたり刺激を与えているとそこから生えることもあります。刺激が多いと人の肌は保護するためにひげを生やしてしまうことがあります。そのためホルモンを整えて刺激を与えないようにすることで原因解消につながります。

女性のひげの処理方法について

女性の肌は非常にデリケートであり、些細なダメージが蓄積することでコンディションが崩れてしまいます。そのため男性同様にカミソリで剃ってしまうとかえってそれが刺激となり危険と言えます。そのため処理方法としては歯の無いスムーバーのように低刺激な用具と専用クリームを用いることが適切な処理方法と言えます。

中には抜いてしまう人もいますが、その結果炎症を起こしたり埋没網を引き起こしてしまうというケースも多いです。抜くことで一時的に高い即効性を発揮しますが持続性は少なく、時期に生え変わることと肌への負担が大きいためおすすめとはなりません。処理としては可能な限り刺激・負担の少ない歯で剃ることと言えます。

処理する上でのポイント

ひげを処理していくうえで原因となる深層に届かせることも可能となりまs。低刺激な用具を用いることが最適ですが、注意点もあります。強く押し付けて剃ってしまうとより深層までひげをそることは可能です。しかし肌の摩擦も増えてしまい、負担をかけてしまうことにもなる為可能な限り撫でるように剃ることがポイントと言えます。

またひげをそって現任を解消するうえでその後のケアが非常に重要とされています。ひげを剃ると合わせて皮脂も通常以上に落ちてしまいます。その結果、剃った後の方がダメージが大きいということもあります。そのときに沿った後で化粧水や抗炎症薬・保湿液など美容にかかわる化粧品を使うことが大切です。処理したままではかえって悪化する可能性もあるため、しっかりと原因とその後に注意をかけることが求められます。

女性のひげの特徴と対策

女性のひげは男性ほど広範囲・高密度で発生してしまうということは少ないです。また一本一本は細いものであることが多いため、処理自体は簡単にできることが多いです。しかし方法を誤ったりポイントを押さえて行わないことで肌トラブルや痕が残ったり埋没網など様々な面で見た目に大きな影響を与えてしまいます。そのことからも適切な方法・原因を理解し取り組むことが求められます。

実際に処理するなかで原因を分析しておくことも大切です。食生活や活動量が原因となっていることもあります。その場合、無理に高い商品を買わずに自宅にて生活習慣の改善で十分に感知したといっている人も言ったといっています。美を追求するうえでもひげは直接顔にあたる為より注意していくことです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう