ひげを抜く際に起こるトラブルと注意について - ひげの日 2018年8月8日 -

ひげを抜くという行為は、なんとなくやってしまいがちですが、その際には様々なリスクが付きまとうことになります。もし、どうしても抜きたい場合には、注意しながら正しい抜き方をすることが大切です。

-AD-

ひげを抜く行為についての注意

ひげを抜くという方法は、とても簡単にできる脱毛方法です。実際に、抜くことで、剃るよりも長い期間ひげがない状態にすることができます。
しかし、その手軽さ故にやり過ぎてしまうことによって、皮膚にトラブルを引き起こしてしまったり、抜くことによって濃くなってしまう可能性さえあります。ひげを安易に抜かないように注意することがまずは大切です。簡単にひげを抜くことについてはお勧めすることはできませんが、もしどうしても抜きたいという場合には、正しい抜き方と正しいケアを行うことによって、ただ抜くよりもトラブルになりにくくなるので、もし抜きたいという場合には、きちんとしたケアを行うことが大切となります。

ひげを抜く際のトラブルについて

ひげを抜くときに注意すべきこととして、トラブルが起こってしまう可能性があるということがあります。
まず、肌にニキビみたいな炎症を起こしてしまう毛嚢炎という症状があります。ひげを抜く際に、傷がついてしまうとその部分に細菌が侵入し、その結果、毛根の周りに炎症を起こしたり、化膿したりしてしまいます。ひげを抜くことで、そのあとが黒ずんだり、紫がかった色になってしまう色素沈着という症状を引き起こすこともあります。無理にひげを抜こうとする際に、毛細血管が破れ、血液に含まれるヘモグロビンが皮膚に沈着してしまうことによって、血液に含まれるヘモグロビンが皮膚に沈着して起こしてしまうことで、元々赤のヘモグロビンが酸素を失うことで、紫色になります。また、黒くなるのはメラニンが原因です。ひげを抜く際に、これらの症状が起こる可能性があるので、注意することが必要となります。

ひげを抜くと濃くなるのは都市伝説なのか

ひげを抜くという行為は、濃くなるということは一見、都市伝説のように思われるかもしれませんが、実際に濃くなることはあります。
ひげをもし抜いたとしても、またしばらくすれば同じように生えてきます。その生えてくる際に、無理やり抜くことによって、本来はひげは顔や顎などを守るために生えてくるため、今度は抜けないようにしっかりとしたひげを生やして、前よりも太い毛を生やそうとするため、抜かれる前よりも太くなってしまいます。1度や2度抜いただけでは濃くなるということはありませんが、生えてくる度に抜いて処理をしていることで、太く濃くなってしまう場合があるので、できるだけ抜かないように注意することが大切です。

ひげを抜きたい人のやり方について

何もケアを行わないで抜くとトラブルが起こる可能性があるため、それでも抜きたいという方は、しっかりと注意して正しい抜き方とケアを行うことがなるべくトラブルが起こらないようにするためには必要です。
まず、抜く際には、温かいタオルなどで肌を温め、毛穴を開き、手で抜くのではなく、しっかり挟めるピンセットなどで抜けば途中で切れてしまう事を防ぎます。その際の注意としてピンセットは必ず消毒することが大切です。
抜く際に、皮膚をしっかりと伸ばして、毛の生えている向きに合わせ、ゆっくり引き抜くことで、毛穴が曲がることを防ぎます。処理後の注意として、必ず冷水や保冷剤などを使って冷やすことが大切です。これにより、炎症を抑制することができます。その後良く冷やしたら、アルコールが入った鎮静効果があるローションなどで保湿をして、しっかりと日焼け止めなどで紫外線対策をします。

ひげを抜く注意と方法について

ひげを抜くという行為は、とても簡単な脱毛方法となり、抜くことで、剃るよりも長くひげが生えてこないため、一見簡単に脱毛できると思われそうですが、様々なトラブルに加えて、本来は、顔を守るためにひげが生えてくるため、濃くなってしまう可能性もあるということをしっかりと把握しておくことが大切です。色素沈着や毛嚢炎などのトラブルを引き起こしてしまうというトラブルがあるということもしっかりと覚えて起き、なるべく簡単に抜くことは危険だということを覚えておき、簡単にひげを抜いたしまわないように注意することが大切となります。
ひげを抜く際には、肌を温め皮膚を開き、皮膚をのばしてゆっくり引き抜いて、処理後は、冷やして最後に保湿をして紫外線対策もする必要があります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう