ひな人形 3月3日

ひな人形の起源や語源、歴史、
またひな人形の種類などひな人形に関することを解説。

-AD-

ひな祭りとひな人形の起源

ひな祭りには古くから歴史があり、その起源は今からおよそ千年ぐらい前の平安時代の中期頃になります。その時代の方々は、三月の初めに迎える巳の日に、無病息災を願って上巳の節句という、お祓いの行事を執り行っていました。

陰陽師という占い師をお招きして天地の神様にお祈りをささげ、この時期が旬の食べ物をお供えし、 自分の身に降りかかるかも知れない災厄を人形というものに託して近くの川や海原に流したりしていました。そして、上流階級の女の子らの間で、その頃に、ひいな遊びという遊びが流行していました。

ひいなは紙などで作られた人形のことで、この人形と、身近な道具や御殿を模したおもちゃで遊ぶままごと遊びのようなものになります。ひいな遊びについては清少納言が書いた枕草紙や紫式部が書いた源氏物語にも記述があります。

お祓いの行事からひな祭りへ

長い時間を経て、上巳の節句とひいな遊びが融合して、今のような形のひな祭に変化していきました。上巳の節句が巳の日から三月三日になったのは、日本では今からおよそ六百年前の室町時代の頃になります。

ところが、室町時代から安土桃山時代ぐらいまでは、ひな人形をまだ飾りつける遊びとはかけ離れている、お祓いを執り行う日でした。ひな祭りが女性の華やかな、お祭りに変化するのは、戦国時代が終りを迎えて、江戸時代の平和な時代を迎えてからになります。

江戸時代の初期にあたる寛永の六年、西暦でいうと1629年に、京都の御所でひな祭りが盛大に行われました。このひな祭りの後から、大奥でひな祭りが行われることになり、ひな祭りはやがて上流階級のお祭りから庶民や、地方にも広まっていきます。

ひな人形の発展の経緯

江戸時代の中期は、女性だけでなく、女の子の誕生をお祝いする初節句の慣習も生まれて、ひな祭りはもっと盛んになっていきました。江戸の都には、雛市という市場が、日本橋の十軒店という今の地名でいう室町という場所や茅町という今の地名で言うと浅草橋にあたる場所などに開かれて大変盛況でした。

そして、この頃からひな人形や飾り付ける雛道具も種類が増えてきて、非常に贅沢なひな人形が登場してくるようになります。

幕府は倹約のためにひな人形を必要以上に華美に飾り付けることを禁じる内容のお触れを何度も出すほどひな人形は華やかになっていきます。

明治時代には、新しい政府が今までの節句の行事を取りやめて新たな祝祭日を決定しました。

ところが、ひな祭りは簡単になくならず、また復活し、今も民間の行事として美しいひな人形が飾られています。

ひな人形の由来について

ひな人形は元来、上巳の節句という日に、わらや草で作ったひとがたの身体を撫でることによって、穢れを引き渡して川などに流すことによって厄払いをする行事と、貴族の女の子の間で流行っていた紙でできた人形でままごとをする、ひいな遊びが融合されて誕生したのが由来とされています。

ひいなという言葉には、可愛らしくて小さいものという意味合いの他にも、大きなものを小さなものにするという意味合いもあったことから、ひとがたとも意味合いが重なって、ひとがたのことを、流しひなというようになりました。
流しひなの風習は、鳥取県などの地域で今でも行われています。

そして、江戸時代を迎えると人形を作る技術が向上して、紙でできている流しひなは、少しずつ豪華で精巧になりました。そしてひな人形は川に流さずに飾るものに変わっていきました。

ひな祭りの行事の内容の変化

上巳の節句の行事は、三月の初めの巳の日に行われていましたが、江戸時代に幕府が三月三日にすることに決めました。

そして、ひな人形を飾りつける上巳の節句は、男女関係ない行事だったものを女の子を祝う日とし、こいのぼりやかぶとを飾りつける端午の節句を男の子を祝う日としました。また、上巳の節句は、流し雛から、ひな人形を飾りつける風習に変わっていきます。
ひな人形は元々厄災を引き受ける、ひとがたとしての役目を果たしていたので、女の子の健康な成長や幸運を祈る日になったとされています。

そして、女性が嫁入りをしたり、旅行に出かけたりしたときに、万が一災いが起こったら、身代わりになってもらうために、ひな人形を持っていく風習がありました。

そのため、嫁入り道具として需要が高まるようになりました。

幸福な結婚や仲の良い夫婦生活に対する願い

ひな人形は元々一体の人形でしたが、天皇様と皇后様のように幸福な結婚ができるように願いを込めたり、結婚した後も仲の良い夫婦でいられるようにという願いを込めて、男性と女性が対になったひな人形が登場したとされています。

ひな祭りは三月三日なので、遅くなったとしてもひな祭りの、およそ一週間ぐらい前には飾っておくのが望ましいです。

そうすると二月の中旬から下旬にかけてということになるのですが、それらの日の中でも大安の日に、ひな人形を飾りつけるというのも、良い方法の一つになります。

大安は、大切な行事を執り行うときなどに、選ばれることが多いのですが、六曜の中で一番平穏な吉となる日にあたるので、結婚や引越、お店のオープンなどの日などにも選ばれる日となっています。

ひな人形の語源について

ひな人形のひなという言葉は、元々はひいなといい、ひよこという意味でした。当時のひいなという言葉には小さいとか、愛らしいという意味があり、小鳥のひなを模したことが語源になった訳ではありません。

ひな人形は、災いや穢れを移して河川などに流す、ひとがた、というものが起源となっていて、平安時代から行われていました。当時のひな人形は土や紙で作られた立ちひなで、座りひなに変わったのは室町時代頃からとされています。

桃の節句である三月三日にひな人形を飾りつけるような習慣になったというのは、江戸時代になってからであるとされています。

仲の良い結婚生活に願いを込めて元々一体だけの人形が男性と女性の一対の人形に変わり、三人官女や五人囃子などが加わり、段飾りの豪華なものに変わっていきました。

ひな祭りの起源について

昔の中国では毎年三月三日に河川などの水辺で身を清めて、穢れを祓うという習慣がありました。この習慣が、やがて日本にも伝わって、巳の日祓いといったり桃花節といったりする行事になりました。

平安時代の西暦六百九十一年に、巳の日祓いが行われる上巳の日を三月三日としているという文献の記述が残っています。このようなことから三月三日にひな祭りを行うのは、お祓いをする行事と深い関わりがあることが分かります。

昔から、冬が去って、時おり二月よりも寒く風が冷たい日もあるものの、お祓いを春を非常に待ち遠しく楽しみに感じる三月の初めに迎える巳の日に行ったことが起源になります。

源氏物語の中にも登場する行事となっていて、光源氏も海辺で陰陽師にお祓いをしてもらったとされています。

今も続いている流し雛の風習

巳の日祓いは、和紙を切り取って人間の形を作り上げて、ひとかたや、形代というものにします。そのひとかたや、形代で身体の至るところをなでつけて、穢れや厄災をひとかたや、形代に移して、舟に載せて川や海に流して行います。

農耕民族である日本人にとって、弥生の月にあたる三月は、田植えの準備の農耕作業が始まる重要な季節になります。そのために農作業を見守ってくれる神様をお祭りする行事が大切とされていました。

流し雛がのせられる舟には桟俵という米俵に取り付ける丸い形の蓋が使われていました。

農作業に害となる厄災を払いのけ、身体の穢れも取り払われることが重視されている時代だったため、このお祓いの行事は毎年続けられました。

今でも一部の地域で桟俵に載せた流し雛を川や海を流す行事が続けられています。

もともとは形代というものだった

ひな人形の原型は形代というもので歴史はかなり古く、形代自体は縄文・弥生・古墳時代頃にはすでにありました。

形代とは三月の上巳の節句に形代で体を撫でて体の穢れや禍いを移すことで身代わりとし、川や海に流して幼子の無事な成長を祈るものでした。

当時、紙は非常に貴重なものでしたので、たいていは草木を利用して形代にしていたのです。現在でも日本各地には紙でできた形代の用意されている神社があります。

名前や年齢をその形代に書いて体をなでてから神事が行われて川や海へ流すか、お焚き上げをします。体をなでるだけではなく、自分で形代に息を吹きかけて体の中にある悪いものを紙の人形へと移してしまうのです。

平安時代頃のことを描いた映画の中などでもそういった場面が見られます。

平安時代中頃にあったひいな遊び

現代のひな人形は必ず男雛と女雛が一対となっていますが、この男女一対のものが使われるようになったのが平安時代中頃でした。

京都の宮中や公家達の間で遊ばれていたひいな遊びというものがありました。最初は子供ではなく大人の間の遊びとして流行っていましたが、それがだんだんと子供達にも遊ばれるようになり、室町時代になってからは豪華な男女一対の人形を贈る習慣ができたのです。

3月3日の夜は自分の枕元に置いておき、翌日の4日には寺社でお祓いをして人形をしまい、また翌年に出すということをするようになりました。この習慣はまさに今の雛祭りとほとんど変わりません。寺社でお祓いをするというご家庭はあまりないかもしれませんが、ひな人形を毎年出すようになったというのは室町時代も今も同じです。

ひな祭りになったのは1716年頃

京都ではひいな遊びはあくまでも貴族達の遊びであって、一般市民は行っていませんでした。

それが江戸へと流れてきて一般市民の間でも行われるようになったのは1640年頃、当時はまだひいな遊びと呼ばれていました。そして1716年頃になってようやく現代のように「雛祭り」と呼ばれるようになったのです。江戸には雛売りがいて、2月頃になると葛籠を両掛にして売りに来ていました。ただ1789年頃になるとこの雛売りの姿はなくなり、雛市のみになったといわれています。

雛市は最初は1716年頃に開催されたとされており、今の日本橋室町二丁目、三丁目辺りで十間を限って出店が許されていました。1789年以降になると浅草茅町や池の端仲町、麹町、駒込などにも雛市が開催されるようになっていました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう