ひな人形はいつまで飾るのがよいのでしょうか - ひな人形 2018年3月3日 -

-AD-

桃の節句は女の子のお祝いです

3月3日は桃の節句です。女の子の健やかな成長を祝うための日でもあります。女の子がいるご家庭ではひな人形を飾るお宅も多いのではないでしょうか。寒かった冬が終わり、春の暖かな季節に心まで明るくなるようです。

なぜ、桃の節句にはひな人形を飾るのでしょうか。それは、ひな人形に生まれた女の子の健やかな成長と優しい女の子になるように願いを込めているのです。また、災いのすべてを人形が受け止めるといった意味合いや将来美しくすてきな女性になって結婚できるようにといった親の願いが込められているのです。

ですから、桃の節句にはぜひ飾り付けを行ってお祝いをしてあげてほしいものです。この日はちらし寿司とハマグリのお吸い物でお祝いするのが一般的な習わしとなっているところがほとんどです。

ひな人形の種類や最近の傾向

最近は、以前のように段飾りを飾るスペースがなくなったご家庭も増えたので、小さな飾りに人気が集まっています。出し入れもしやすく、収納場所にも困らないので省スペースで飾れるタイプが主流となってきました。

本来は、お内裏様とおひな様のほかに三人官女や五人囃子といったほかの人形もセットになっているのですが、お内裏様とおひな様のお飾りもすてきです。

最近は人形が羽織っている着物もこだわりがあるものが増えていますし、何よりお人形の表情が豊かになってきています。一体一体をよく見ると顔の表情が全然違いますので、比べてみるとよいでしょう。

最近は変わり雛なども人気があり、キャラクターをモチーフとしたひな人形も登場しています。自分たちの好みでお子さんのことを考えながら選ぶとよいでしょう。

ひな人形はいつまで飾るのでしょうか

さて、ひな人形は桃の節句にあわせて飾るのはわかりましたが、いつまで飾るのがよいのでしょうか。3月3日が桃の節句なので本来、飾るのもこの日までとされています。なぜならいつまでも飾っていると婚期を逃してしまうといういわれがあったからです。

しかし最近は、無理に3月3日にしまう必要はないとされています。なぜなら天気が悪く湿気が多い日に人形をしまうと、カビや虫食いの原因になってしまうからです。ですから、お天気のよい日にきれいにしまってあげましょう。

もし昔からの言い伝えが気になるようであれば、「飾っている人形の向きを逆にすればよい。」という考えもあるようです。こうすれば将来婚期を逃すという心配もなくなるので、安心して都合がいい日に人形をしまえばよいので安心です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう