ひな人形を飾る時期とその飾り方について - ひな人形 2018年3月3日 -

-AD-

ひな人形の意味について

ひな祭りとは「女の子の大切な日」ともされており、ひな人形を飾って女の子の健康と幸せを願って飾られるのが古くからの風習です。

昔は五段や七段などの大きなひな壇を飾るのが一般的でしたが、現在では3段などの少し小ぶりなものが主流となっています。飾る場所もとらないので、棚の上やピアノの上などに飾ることもできます。

古くから、上巳の節句に藁などで作った人形で体を撫でることによって厄を払い、厄がうつった人形を川に流すという風習がありました。また上流階級の女子が当時行っていた紙人形でのままごとの遊びも存在し、その2つが合わさってできたのがひな人形の由来とされています。

時代が進むにつれて人形作りの技術も発達し、それによって人形を川に流すのではなく飾るという変化が起こり今に至ります。

ひな人形を飾る時期としまう時期

ひな人形を飾る時期としては大体立春から2月中旬頃とされています。そしてしまう時期はひな祭り後~3月中旬までとされています。

飾るのもしまうのも「この日」とはっきり定められているわけではありませんが、節分によって鬼を払った後、つまり節分の翌日に飾るのがよいとされています。またひな人形とは非常に高価なものです。その上湿気にも弱いため、ひな祭りを終えた後は湿気の少ない天気のよい日にしまうのが最適です。

高価であり縁起物の1つとも言えるひな人形は古くから大切に扱われてきました。そのため飾る日はしまう日の日柄を気にする人もいますが、日柄の良さはあまり気にしなくてもよいとされています。それよりも飾るのに最適な時期をきちんと守り、ひな人形が傷まないよう気候をしっかり見ることが大切です。

ひな人形の飾り方と注意事項

ひな壇を飾る場所は家庭によって違うため定まっているわけではありません。しかし人形は非常に高価で繊細なものです。そのため湿気が高いとカビが生えてしまい、また日光にあたると変色を起こします。そのため高温多湿の場所を避けるのが第一条件となります。

いざ人形を飾るとなった際には、まず上の段から飾っていき、どんどん下に下がるように飾っていきます。下から飾ってしまうと、万が一人形が落ちてしまった場合別段の人形が破損する恐れがあるためです。

上から1段目は「お内裏様とお雛様」、2段目は「三人官女」、3段目は「五人囃子」、4段目は「隋臣」、5段目は「仕丁」、6段目は「嫁入り道具」、7段目は「御所車・籠・重箱」と段によって飾るものが決まっています。

また、桃の花や菱餅などのお供え物がある場合はそれも飾ります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう