使わなくなったひな人形の供養の方法 - ひな人形 2018年3月3日 -

-AD-

ひな人形の意味と歴史

3月3日のひな祭りにはひな人形を飾り女の子の無事な成長と幸せを祈ります。ひな人形は本来上巳の節句の時に草や藁で作ったひとがたに穢れを移し川に流す厄払いの行事と貴族階級の女の子が遊んでいた紙のおままごと遊びが一緒になったものと言われています。

江戸時代になると人形作りの技術がすすみより豪華な流し雛が作られるようになりました。今まで川に流していた流し雛が飾るものに変化していきました。この時代に上巳の節句は3月上旬から3月3日と定められました。

3月3日のひな祭りは女の子の日となりひな人形の役割は災い事を身代わりとなり引き受けるということから女子の成長と幸せを願い毎年3月に飾られるようになりました。嫁入り道具として需要が高まり男女対の人形が作られました。

ひな人形の飾る時期としまう時期

3月3日のひなまつりに合わせて遅くても2月下旬からひな祭りの1週間前位までには飾るようにします。お雛様を飾る日は大安の日がよいと言われています。大安の日は大安吉日といわれ何をするにも縁起が良い日だからです。

大安の日に以外にも季節の節目である2月3日節分の季節の節目、暦の上で春となる2月4日の立春がおひなさまを飾るのによい日とされています。これらの日に飾る事が不可能な時には天気の良い日、家族で飾れる日などを選ぶとよいでしょう。

ひな人形を飾る向きは高温多湿、直射日光の当たらない場所を避けて飾るようにします。飾りつけの日やしまう日は地域により違いもあります。しまう時期はひな祭りがすんだらなるべく早くしまうのが良いとされています。天気のよい乾燥した日にしまうようにします。

ひな人形の処分と供養

ひな人形は女の子が生まれた時に厄除けの意味で飾られるものです。一般的には女の子が成人して嫁ぐまでとされています。タイミング的には結婚した時という事ですがすぐに処分するという事もなくそのままになっている場合が多いです。

昔は嫁入り道具として嫁ぎ先に持参したものですが現在はそのまま実家に置いていく事が多いです。現在ではスペースをとらないで飾れる人形もありますが保管スペースもなく、毎年3月3日のおひなまつりに飾るという事もなければ人形供養をして処分をします。

長い間厄除けをしたおひなさまは神社や寺で人形供養をしてもらい処分するとよいでしょう。近所に神社や寺がない時には日本人形協会でひな人形の供養をしてもらえます。長い間厄除けとして身代わりになってくれたひな人形への感謝の意味も込めて供養してから処分するようにします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう