ひな人形の購入時期にもポイントがあります - ひな人形 2018年3月3日 -

-AD-

ひな人形はすぐに作れない

ひな人形は1つ1つ手作りで作られいるため大量に生産することはできません。一般的に一人の職人で作れるのは一組くらいです、工場で大量生産しているものではないのです。

そもそも色々な職人さんが関わって1つの人形を作っていますので配送にかかる時間も結構かかるのです。また三月からすぐにひな人形の製作にかかるのではなくまずは材料の選別をはじめます。

人形の着用する着物の反物を選ぶのもとても大事な作業だからです。その時の流行なども踏まえた上で一番ベストなものを選んでいます。いつでも人形は購入できると思う方もいるかもしれませんが、実は時期によっては品が非常に少なくなることもあるので買う時には購入時期も良く踏まえた上で買わなければいけません。

何も考えず選びますといいものが選べずに後悔するはめになります。

人形の売れるピークは一月

ひな人形の売れる最大のピークは一月になります。大体この時期になるとチラシなどでひな人形の販売の宣伝をしていますしデパートでも特設会場ができるからです。

しかしいいものが欲しいという方は11月くらいから買うようにしましょう。と言うのも人気の作家による人形は早いうちに売れてしまうからです。一人の作家による人形は大体5セットか6セットくらいしか販売されていません。

しかも追加で作られることはまずないからですです。特に1月や2月くらいでしたらもう追加販売は絶望的です。どのようなものでもいいという方は早めに買う必要はありませんがこだわりのある方や名前などを入れてもらいたいというなら早めが勝負です。

今は少子化になっていることもあり雛人形を買う家庭も多くなっています。

早くに買うメリットとは

早いうちにひな人形を買っておくのは実はメリットがあります。去年に売れ残った雛人形もまだ販売されているため値引き交渉に応じてもらいやすいというのがあるのです。新作ではなく去年に販売されたものでもいいというのでしたら安く買うのもいいでしょう。

あとまだ誰も買わない時期ですとしっかりとお店の人の説明が聞けるというのもあります。1月や2月になりますと土日は多くの人が買い求めますので説明を聞く時間も短くなりじっくりと判断できなくなるのです。

どうしても一月から出なければ購入できないという方は平日に人形屋に行くようにしましょう、じっくりと説明が聞けます。

ひな人形は高価なものですので慌てて買うと後悔してしまいます。最近ではネットからでも情報を仕入れられますのでここで人形を確認してから見学するのもいいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう