ひな祭りに供えられるひなあられとは - ひな祭り 2018年3月3日 -

-AD-

女の子の健やかな成長を願うひな祭り

ひな祭りというのは、女の子の健やかな成長を祈るための節句の年中行事になります。これはひいなあそびともいわれるものになります。

男雛と女雛を中心として取り巻く様々な人物を飾ったりするひな人形を女の子のいる家庭で飾ったり、季節の花である桃の花を飾ったり、白酒といわれる甘酒やちらし寿司、ハマグリのお吸い物などの食して楽しむ節句のお祭りになります。また、ひなあられやひしもちを供えるのが一般的です。

現在は3月3日が桃の節句の日と言われているので、そのあたりで祝うようになっているのですが、女の子が生まれて初めて迎える節句は初節句といわれていて、早い段階からひな人形を飾ったりするのがよいといわれていて、2月上旬くらいから飾り始めるような習慣があるのです。

ひな祭りの歴史について

ひな祭りが始まったのは歴史的にははっきりとわかっておらず、その起源については複数の説があります。その一つとして、平安時代に京都においては貴族の子女の遊びごととして行われていたとする記録があります。

当初は儀式という感じではなく、遊びの一つであったので、ひな祭りはひなあそびとも呼ばれていたのです。また、平安時代には紙で作った人形を川に流すという流し雛というものもありました。そしてひな人形は災厄よけの守りひなとして祀られる様になったのです。

その後、江戸時代になりってから女子の人形遊びと節句の儀式と融合されるようになって、全国的にも広まって、飾られるようになったのです。現在のスタイルになったのが、江戸時代の後期だといわれていて、囃子人形や官女、随身、仕丁などの添え人形が加わったのです。

供えるひなあられとは

ひなあられというのは、3月3日の桃の節句であるひな祭りに供えられる菓子であり、和菓子のあられの一つになります。菓子には色付けがされていて、白は雪、緑は木々の芽、桃は生命をあらわしているのです。

作り方としては、もち米を炊いたり、蒸したりしてから十分に乾燥させた乾飯や炒った豆に砂糖をかけて甘味をつけたものになります。これはあられ自体に着色をしたり、着色した砂糖をかけたりするなど、いろいろなパターがあるようです。地域によっても形や味付けなどがさまざまであり、その地域の特徴があるのです。

また、同じく供え物であるひしもちはあられと同様の色合いの餅をひし形にして重ねたものであるのですが、5色や7色にする場合もあるのです。こういった供え物を白酒などと一緒に供えることもあるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう