ひな祭りにひな人形を飾る意味・由来とは - ひな祭り 2018年3月3日 -

-AD-

ひな祭りの由来と歴史

ひな祭りとは、女子の健やかな成長を願う日本の節句行事です。もともとは上巳の節句に厄払いの意味を持つ行事でしたが、上流階級の女児が紙人形でおままごとをしていた「ひいな遊び」と混ざりあい、現在のひな祭りへと発展してきました。

厄払いとしては草・藁といった材料でヒト型を作り、それで体を撫でることにより女児の穢れを人形に移し、川に流すというものでした。「ひいな」とは、小さくかわいらしい・大きいものを小さくするといった意味があり、その人形(ひとがた)はのちに「流しひな(雛)」との呼び名が付くことになりました。現在でも鳥取県などでは流し雛の風習が続いているところもあります。

江戸時代に人形作りの技術が発展すると、流し雛は紙製から豪華なものへとなっていき、飾るものへと変化していきました。

ひな人形の飾り方とは

江戸時代、三月上旬の上巳の節句が幕府により三月三日ひな祭りとして制定され、ひな人形は上流階級の娘の嫁入り道具の一つとして、さらに天皇皇后のような仲睦まじく幸せな結婚を願い男女対となったものを飾るようになったと言われています。

基本的には、内裏雛もしくは親王(男雛、女雛)、従者の共揃いは三人官女、五人囃子(謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓)、随身(右大臣、左大臣)、仕丁もしくは衛士(従者・護衛を表す3人)の15人という構成となっています。

その配置は古来は、左が上の位という古い時代の日本の常識により、内裏雛も宮中における内裏の並び方と同じくなっていました。その下もしくは横に三人官女、その下は五人囃子、随身、殿の履物の預かり従者である沓台(くつだい)など仕丁が続きます。

これらの配置や飾り順は近代前後の変化により、現代においても地域差が残っています。

ひな人形はいつ、そしていつまで飾るのか

ひな人形を飾る時期の理想は、遅くとも二月下旬(ひな祭りの一週間前)です。さらに日本ならではの六曜の中でも最も吉とされる「大安」の日や、お天気の良い日も適しています。二十四節気の中では2月3日節分、2月4日立春、2月19日頃の雨水などもひな人形を飾るのに縁起が良いとされている日です。高温多湿と直射日光を避けて飾りましょう。

三月三日を過ぎたらなるべくすぐに片づけないと嫁に行けなくなる、という説はよく耳にするものです。これは「片づけは家事の一つであり、それをきちんと出来ない人は婚期が遅れる」「厄払いの意味があるひな人形をずっと飾り続けていると、再びその厄を拾ってしまう」といった二つの理由があるとされています。

年齢的な時期としては、ひな人形は何歳まででも飾って良いとされており、結婚してからも自分で厄払いをしていることにもなると言われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう