ひな祭りの時におすすめの食べ物は? - ひな祭り 2018年3月3日 -

-AD-

ひな祭りの時にはちらし寿司がおすすめです

ひな祭りの食べ物といえば様々なものがあげられますが定番の食べ物といえばちらし寿司があります。しかしながら何故ひな祭りにちらし寿司を食べるかという理由は実ははっきりしていないそうです。諸説ある中の一説ではちらし寿司の具にはお正月の時に食べるお節料理の様に願いが込められていると言う説があります。

例えば定番の具である海老は腰が丸まっている様子から長生きができますようにという願いが込められています。レンコンには穴があいていることから将来の見通しが良くなるように、彩りに使われる豆類には健康的でまめに生きられるようにといった具合です。このお寿司は見た目も美しく華やかでお祝いの席にぴったりなだけではなく、女の子の生長を祝うのにもぴったりなので定番となりました。

はまぐりのお吸い物と菱餅について

ちらし寿司と一緒にあわせるのならはまぐりのお吸い物がおすすめです。こちらもひな祭りのときの食べ物としては定番です。

はまぐりの貝殻は対になっている貝殻でなければピッタリ合わないという特徴があります。このことから仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と連れ添うことができるようにという願いが込められています。平安時代には貝殻の特徴から貝合わせという遊びも行われていました。

お雛様のお飾りにもなっている菱餅は緑と白とピンクの餅を3段に重ねて菱形に切ったもの。3食になったのは比較的最近で明治時代に入ってからです。それまでは緑と白の2種類でした。色に意味があり緑は長寿や健康を、白は清浄や純潔を、ピンクは魔除けや桃の花を表しています。菱餅は娘の健康と成長を願う親心がこめられているのが判りますね。

女の子にはかかせない甘い食べ物について

ひな祭りの時の甘い食べ物と言えばひなあられが欠かせないでしょう。昔はひな人形を持って野山や海へでかける「ひなの国見せ」という風習がありました。

ひなの国見せはお雛様に春の景色を見せてあげようと言う風習でその時にごちそうと一緒に持っていった菱餅を砕いて作ったのがひなあられの原型と言われています。菱餅同様色に魔除けなどの意味が込められています。

4色のひなあられは四季を表現しているとも言われています。関東と関西では全く異なり関東はポン菓子に色のついた砂糖を絡めたものですが、関西のものは直径1cmほどのあられに塩や醤油などで味をつけたものをいいます。

最近では菱餅の色や意味をモチーフにしたアイスクリームやケーキなども販売されています。時代は変わっても込められた願いは変わらないので、好きなものを選んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう