桃の節句/ひな祭り - ひな祭り 2018年3月3日 -

-AD-

桃の節句/ひな祭り

桃の節句は現在「ひな祭りの日」として有名になっており、その起源は古く平安時代以前であるとされています。

具体的にいつ始まったのかということについては記録が残っていないために複数の起源説がありますが、最も有力とされているのは平安貴族の子女の遊びごとが関係したとされている説ですから、ひとまずは平安時代以前であると言って良いでしょう。

また、中国で使用されていた暦の文化が日本に伝来した際にこの文化も伝わったとされ、伝来当時は上旬の巳の日を指す上巳の節句とも呼ばれていたという歴史もあります。

桃の節句、ひな祭りの由来として現在有力とされているのは平安時代の子女の、現代で言うおままごとのような遊びであるとされています。

また、当時には流し雛という紙で作った人形を川に流すことで厄除祈願とする文化もあり、この流し雛と雛遊びの二つの文化が混ざった結果、今日に伝わる桃の節句の原型が成立しました。

今日では流し雛としてではなく雛人形を飾るのが一般的となっていますが、これについてはひな人形を厄除けの守り神として飾る守り雛という文化へ変容したことが関係していると見られています。

桃の節句はもともと平安貴族の文化であったため、日本全体に広く浸透するまでにはかなり長い時間がかかりました。

一般市民にも桃の節句、ひな祭りという文化が定着したのは江戸時代のころであるとされており、この頃には武家の子女が嫁入り道具としてひな人形を珍重したという記録がありますし、またこうした武家の文化が市井の文化に対して影響を与え、それによって一般市民にもひな祭りが広まったというのは自然なことであると言えるでしょう。

江戸時代ごろ以降は各家庭で豪華な段飾りのひな人形を飾る文化が広く定着していましたが、昨今では核家族化などの家族のスタイルの変化によって豪華な段飾りを飾る家庭はかなり少なくなってきています。ただそれでも女の子の健康な成長を願うという文化は失われておらず、小規模なひな人形を飾る家庭はまだまだ存在しています。

また、文化の継承と言うことでは桃の節句が近づくにつれて各地でさまざまなひな人形が展示されており、山梨県甲州市の吊るし雛や埼玉県鴻巣市の鴻巣びっくりひな祭りなどは非常に有名な存在として、地域の人のみならず全国から親しまれています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう