国民の祝日であるみどりの日について - みどりの日 2018年5月4日 -

-AD-

国民の祝日であるみどりの日

毎年5月4日はみどりの日の日として国民の祝日に制定されています。もともとみどりの日は4月29日に制定されていたのですが、それはこの日が昭和天皇の誕生日に当たったからです。

そのために4月29日は毎年、天皇誕生日として祝日になっていたのですが、元号が平成に変わってから、現在の天皇の誕生日である12月23日が新しい天皇誕生日として制定されたことから、4月29日はみどりの日という名前で、そのまま祝日として残されました。ですが、時代が変わってみどりの日が昭和の日という名前に変更されることになったために、みどりの日は2007年から5月4日に変更されました。5月4日が休みになったことにより、その年以降日本では毎年3連休の休日が一度は存在するようになりました。

みどりの日に行われていること

みどりの日という名前がつけられたのは、自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心を育むことが、制定の趣旨になっているからです。

日本は自然に恵まれた国ですが、毎年5月4日は国民一人一人が自然の大切さを考える機会となっています。そうしたことから、この日は特別に全国にある有料の国公立の公園が無料で開放されるイベントなども行われています。普段はあまりこうした場所に足を運ばない国民にも、自然の大切さを知ってもらうためにこうした無料のイベントが行われています。またこの日には同時に、国民が自然と親しめることができるような行事が各地で開催されています。ゴールデンウィークということもあり、毎年多くの人々がこうした行事に参加して自然に対する理解を深めています。

みどりの月間のことについて

みどりの日は毎年5月4日だけですが、国民に自然への理解を深めてもらうために、日本ではこのみどりの日の前後の期間を指定して、みどりの月間というものも定められています。

みどりの月間とは毎年4月15日から5月14日までの、1ヶ月間にわたって制定されているものです。この期間をみどりの月間とすることは2006年に公に定められて、翌年の2007年から実際に行なわれています。みどりの月間の期間中にはみどりの式典という行事も開催されていて、自然の大切さをより多くの国民に理解してもらうための取り組みがなされています。それ以外にもこの期間には、日本各地にある地方自治体で自然に対する理解を深めるイベントが行われていて、多くの人々がこうしたイベントに参加しています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう