みどりの日と天皇誕生日の関係とはどういうもの? - みどりの日 2018年5月4日 -

-AD-

4月29日は以前は天皇誕生日

現在4月29日は「昭和の日」となっていますが、その前は「みどりの日」とされていました。そしてそれより以前は天皇誕生日だったのです。現在の天皇陛下の父上だった昭和天皇の誕生日でしたが、昭和64年に崩御されたことによって、天皇誕生日は12月23日になったのです。そこで「みどりの日」へと名称が変化しました。

この「みどりの日」は自然に親しみ、その恩恵に感謝して心を豊かにするという意味があります。また亡き昭和天皇が生物学者であったことからも「みどりの日」となったとされています。そして「昭和の日」になったのは2007年に法改正があった時でした。昭和は激動の時代と呼ばれたほど恐慌、戦争、オリンピックなどいろんな出来事があった時代で、それを忘れないでおこうという意味からこの名称となりました。

みどりの日は5月4日に

4月29日が「昭和の日」となったことにより、それまでの「みどりの日」は5月4日に移動になりました。なぜ5月4日なのかということですが、これはもともと5月4日が国民の祝日という祝日で、4月29日にも比較的近いことからこの日に移動となったのでした。ゴールデンウィークの休日の1つなのですが、この日は「みどりの式典」が開催されます。

緑化推進運動功労者やみどりの学術賞などの授賞式が行われます。毎年数名の受賞者が選ばれています。ちなみにみどりの学術賞とは日本国内で植物や森林、緑地、造園、自然保護などに関わる研究、技術の開発など「みどり」に関する学術上の功績があった個人に対して贈られる賞のことをいいます。地球温暖化といわれる現代だからこそ、緑化推進はとても重要であるといえます。

かがくの日になっていた可能性もあった

実は4月29日は「昭和の日」に変わる時に他の名称も候補にありました。それは「科学の日」です。この科学の日というのもかつて昭和天皇陛下が科学方面についても詳しく、造詣が深かったからという理由があったからです。現在はみどり関係の行事がよく行われていますが、もし科学の日になっていたとしたら行われる行事もまた違うものになっていたでしょう。

ゴールデンウィーク中はいろんな楽しみが盛りだくさんなので、その休日について深く考えることはあまりない人が多いのではないでしょうか。しかし休日には必ず由来や意味などがありますのでそのことについて改めて考えてみるのも良いのではないでしょうか。また何か緑を植えるというのも素敵なイベントになりますから、家庭菜園でもグリーンカーテンでもやってみるのが良いです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう