国民的な祝日であるみどりの日に存在する由来と趣旨について - みどりの日 2018年5月4日 -

-AD-

由来に深く関係しているのは昭和天皇

みどりの日は、ゴールデンウィークに属している祝日の一つです。祝日の中には日付が決まってなく何週目の何曜日と定められている場合もありますが、みどりの日は日付が決まっており必ず5月4日と定められています。

しかし5月4日と定められたのは2007年以降からで、それより前は4月29日とされていました。1989年~2006年までは4月29日でしたが、4月29日であった頃はみどりの日ではなく天皇誕生日という名称の祝日でした。

これは昭和天皇の誕生日に由来していますが、1989年に今上天皇が即位して天皇誕生日が12月23日になったので4月29日はみどりの日になったといわれています。

5月4日はもともと国民の休日という祝日と定められていましたが、2007年に国民の休日がみどりの日に変わり、みどりの日であった4月29日が昭和の日になりました。

自然を思い感謝する日

どういう意味を持つ祝日なのか理解していない国民も多いようですが、名前からイメージできるように自然に関係しています。具体的な趣旨は、自然を親しみながら自然の恵みに感謝をする心を育む日とされています。

なぜ自然を大切にする心を育む日が作られたのかというと、昭和天皇が自然を愛していたからだといわれています。日本では皇位継承に伴い祝日と法律の改正が行われることがあり、昭和天皇の誕生日の祝日は昭和天皇と結びつく言葉を使おうという意見が出ました。

その時に小渕恵三官房長官が昭和天皇は自然を愛しているから緑に関する名称がふさわしいと意見し、その意見から昭和天皇の誕生日がみどりの日と呼ばれるようになったとされます。

他の意見では、昭和天皇が博識であったことから科学の日はどうかという意見もあったそうです。

みどりには日だけでなく月間もある

実はみどりの日だけでなく、みどりの月間やみどりの週間もあります。この月間や週間は国民が自然を大切にすることに関心を持つように行われますが、週間は1989年~2006年まで実施され、2006年のみどりの日改正と共に誕生したみどりの月間に取り込まれました。

みどりの週間は4月23日~4月29日まで行われていたとされ、現在も実施されているみどりの月間は4月15日~5月14日まで行われています。この期間中は地方公共団体などが全国各地で自然に関する行事を開催したり、みどりの式典が開催されます。

また国公立公園を無料で開放して気兼ねなく国民が自然と親しめるようにしたり、毎日新聞が通常は青い題字を緑にしたりなど国民がみどりの日に親しめるよう工夫している会社もあるようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう