もともとは昭和天皇の誕生日だったみどりの日 - みどりの日 2018年5月4日 -

-AD-

もともとは4月29日だった

ゴールデンウィーク期間中の、5月4日に設定されている国民の祝日がみどりの日。確か4月29日だったのでは?と記憶している人も少なくありません。現在の5月4日へ制定されたのが2007年で、それ以前は確かに4月29日がみどりの日でした。祝日が移動するのは、歴史的にも珍しい事。なぜこのような経緯をたどったのか考えてみましょう。

みどりの日の趣旨は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心を育む」とされています。自然の緑が豊かな日本で、このような祝日があるのは意義深い事です。それではどのような由来で制定されたのでしょうか。経緯をひもとくと1989年に崩御された、昭和天皇が大きく関係している事がわかります。詳しい流れについては、以下のようになります。

昭和天皇とみどりの日の関係

昭和天皇は植物に深い造詣をもたれ、自然をこよなく愛した事で知られています。残された「雑草という名前の草はないんだよ」という言葉を覚えている人もいるでしょう。昭和天皇が崩御されて元号が平成に変わった際、内閣では「皇位継承にともなう国民の祝日に関する懇談会」が行われました。

昭和天皇の誕生日にちなみ4月29日を祝日へという議題が、当時の小渕恵三官房長官を中心に話し合われています。その際に出た名称案の中から、緑に親しまれた人柄に由来する「みどりの日」が採用されました。他の案には「科学の日」などがあったとの事です。

現在4月29日は「昭和の日」という国民の祝日になっています。激動の中から復興した時代を忘れないための、重要な願いが込められています。議論を呼びつつみどりの日は5月4日になったというのが、移動した背景です。

ゴールデンウィークと関連行事

5月4日といえばゴールデンウィークのまっただ中。5月3日の憲法記念日、5月5日こどもの日にはさまれたタイミングです。みどりの日に制定される2007年以前は、5月4日を単純に「国民の祝日」と呼んでいました。名前がないのは少し寂しいと感じていた人もいるでしょう。そこに緑へ親しむ日という意義ができたのは、歓迎すべき事と思われます。若葉の香りただよう季節に、自然を愛でるハイキングなどへ出かけるのも素晴らしい過ごし方です。

現在みどりの日には国公立公園の無料開放が行われるほか、各地で自然に親しむための行事が実施されています。この日だけ題字が緑色になる新聞など、それぞれの方法でメッセージを伝えています。温暖化による気候変動で、大きな災害も発生する昨今。自然や緑について真剣に考える機会を持つのは大切な事です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう