みどりの日 - みどりの日 2018年5月4日 -

-AD-

みどりの日

みどりの日は国民の祝日の1つで、現在は5月4日に定められています。2006年以前は4月29日でした。1989年1月7日に昭和天皇が崩御されて以降、従来の天皇誕生日は名称を変えて残されることとなりました。植物に造詣の深かった昭和天皇をしのび、「みどりの日」と名付けられました。2005年行われた国民の祝日に関する法律の改正により、2007年から4月29日を「昭和の日」とし、みどりの日は5月4日に変更されました。

国民の祝日であるみどりの日の趣旨は「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」と規定されています。日本は先進国の中では非常に緑の多い国です。国土面積に占める森林面積の割合は、世界でもトップクラスです。それゆえ、日本の国民がみんなで豊かな自然に感謝する日という意味合いが込められています。植物に対して深い知識と教養をお持ちであった昭和天皇の誕生日をしのんで、国民の休日に定められました。

それまで「みどりの日」だった4月29日が「昭和の日」に変わり、みどりの日は5月4日に移行されました。もともと5月4日は国民の休日というだけで、特に名称はありませんでした。4月よりも5月の方が新緑や若葉のイメージがあるため、5月の方が合っているという声もあります。時期的にもちょうど緑が多く、ゴールデンウイークの連休中の人も多いため、植物や自然に親しむ良い機会となりました。みどりの日をきっかけに毎年4月15日から5月14日が、みどりの月間として実施されるようになりました。

現在のみどりの日はちょうどゴールデンウイークということもあり、各地でさまざまなイベントが行われています。緑に対する関心と理解を深めるために、みどりの月間が設けられ、期間中には国公立公園の無料開放やみどりの式典、各地方自治体の協力によって緑化イベントなどが行われています。みどりの式典では、みどりに関する学術上の貢献をした人物に対し、内閣総理大臣が「みどりの学術賞」を授与します。また各種緑化行事の締めくくりとして「みどりの感謝祭」が開催されます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう