アイスクリームの作り方を紹介 - アイスクリームの日 2018年5月9日 -

-AD-

アイスの簡単作り方派と本格的作り方派

簡単なアイスクリームはすぐに作れシャリシャリとした食感も特徴です。アイスクリームメーカーがあるとさらに簡単に作ることができます。

本格的なアイスクリームの作り方は、すこし時間がかかりますがシャリシャリ感のない滑らかなとろける食感が大きな魅力です。

簡単なアイスクリームでは、牛乳を使うことも多く家にあるもので簡単に作れますが、本格的なアイスクリームは生クリームをメインにつくる作り方なので濃厚な味わいを求める方にも満足できるアイスクリームになります。簡単派の魅力と本格派の魅力どちらも人気です。

栄養価の高いアイスクリームを、お家でぜひご家族全員で堪能し至福のひと時を過ごしてみてはどうでしょうか。

簡単派に最適簡単なアイスクリームの作り方

生クリーム100ccをツノが立つまで泡立て、砂糖100gに卵黄2個分、牛乳を500cc加えます。そこに粉末のミルクパウダーを、大さじ2杯とバニラエッセンスを少々入れ混ぜます。粉末ミルクパウダーはコーヒーなどに入れるタイプです。

好みの型に流し込み、冷蔵庫で冷やしますが時間ごとに泡立て器でしっかりかき混ぜるのがポイントです。4時間~5時間ほど冷やして固まったら簡単派の人気アイスクリームの完成です。

シャリシャリとした食感が人気の懐かしいアイスクリームは小さいお子様のみならず年配の方にも人気の味わいです。

大量に購入したけれども、なかなか消費に困っている冷蔵庫の牛乳も簡単アイスクリームに大活躍です。

本格的におすすめな作り方は

ちょっぴりいつもと違う味わいを楽しみたい方に人気の本格的アイスクリームの作り方は手間がすこしかかる分出来上がりも大満足間違いなしです。

卵は3個必要です。卵は卵黄と卵白に分け卵黄のほうに砂糖を20gを入れ湯煎にかけて砂糖を溶かしていきます。砂糖が溶けたら火からおろし泡立て器を使い白っぽくなるまで泡立ていきます。バニラエッセンスを少々加えてください。卵白も白っぽくなる目安まで泡立てたら砂糖40gを3回に分けて入れツノが立つまで泡立てていきます。

別のボールを用意し200ccの生クリームをツノ倒れる程度の泡立てをします。泡立てた生クリームに先ほどの卵黄と卵白を泡立てておいたものを両方とも軽く混ぜいれます。お好きな型に流し込み冷蔵庫で冷やし固めます。1時間ごとにかき混ぜるのがポイントで3時間から4時間ほどででできあがります。

生クリームなしレシピでカロリーオフ

人気のアイスクリームをカロリーオフで生クリームを使用せずに作ることも可能です。

卵1個を卵黄と卵白にわけ、卵白のほうを角が立つまでしっかりと泡立てます。卵黄と砂糖大さじ2杯を加えます。混ぜたものを冷凍庫に入れます。1時間経過したくらいに牛乳を入れます。好みの量を入れ混ぜたら後は3時間を目安に冷凍庫でしっかりと固めれば完成です。

牛乳の量でさっぱりテイストやまろやかテイストに調整できます。3つの材料で簡単に作れ生クリームがいらないのでダイエット中の方にも喜ばれる人気の作り方になっています。

大好きなアイスクリームもこのレシピなら我慢せずに食べることができるのもカロリーオフの人気レシピのおかげです。

家族で楽しみアレンジ可能が最大の魅力

市販のアイスを家で簡単から本格的に幅広く作れる人気の作り方で熟知すれば家族で無限大に手作りアイスクリームを楽しむことができます。

基本的な作り方になれたら、自分好みのアレンジを加えたレシピで作れるのも家庭でできる人気アイスクリームならではです。好きなトッピングを混ぜたり自分好みの味を足したりと市販のアイスにはない味を作り出すことができます。

和風テイストできな粉味や黒ごま味、抹茶味などで作ればおじいちゃんやおばあちゃんにも喜ばれるアイスクリームができます。また季節に合わせたフルーツを入れたりと楽しみ方自由自在です。

手作りアイスクリームをみんなで作り、会話に花を咲かせることができ、家族の団らんにも最適です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう