アイスクリームを食べたときに起こる頭痛を改善する方法 - アイスクリームの日 2018年5月9日 -

-AD-

アイスクリームを食べたときに頭痛が起こる

冷たくて甘いアイスクリームは好きなひとは多く、食べると幸せな気分になります。ですが中には、アイスクリームを食べたときに頭痛を起こしてしまう人がいます。せっかく美味しいアイスクリームが台無しになってしまいます。

この頭痛はじつは正式な名前があり、アイスクリーム頭痛という症状だそうです。このアイスクリーム頭痛が起こるのは、すべてのひとに起こるというわけではなく個人差があるようで、中には全く起こらないひともいます。

この症状に関する研究はされてはいるのですが、頭痛は数分で収まってしまうため、実のところ研究はあまり進んでいないようです。しかしながら改善方法はあるので、いくつか紹介していきます。

アイスクリーム頭痛の正体とは

アイスクリーム頭痛はなぜ起こるのかはっきりとした原因などは分かってはいないのですが、現在の段階では以下の2つの説が挙げられるようです。

ひとつめは、アイスクリームやかき氷など冷たいものを食べたときに口の中の温度が急激に下がることにより、その反動で体温を上昇させようとして頭につながる血管が膨張し、血流が急激に増えてたことによって頭の血管が一時的に炎症を起こすことにより頭痛が起こるようです。

ふたつめはアイスクリームなど冷たいものがのどを通るときに、喉の神経が刺激されて脳が勘違いを起こしてしまいそれによって頭痛が起こると言われています。アイスクリーム頭痛を改善する方法は、いくつかありますのでこれから紹介していきます。

アイスクリーム頭痛の原因

アイスクリーム頭痛の原因は、じつのところはっきりとはわかっていないのが実情ですが、今のところは原因としては以下のことが挙げられています。

口の中に急激に冷たいものが入ることにより、脳や体がその温度差についていけずに頭痛を起こしてしまうようです。アイスクリーム頭痛は、じつは夏の暑い時期に起こりやすいようです。それは夏のほうが体温が高くなっており、口の中の温度も高くなっているようです。

逆に、冬にアイスクリームを食べても頭痛が起こらないことが多いようです。それにアイスクリームよりも、かき氷やアイスキャンディーのほうが頭痛を起こしやすいようです。ですが、食べ方によっては改善することもできます。

アイスクリーム頭痛の改善方法とは

アイスクリーム頭痛は、夏のアイスクリームが特に美味しく感じるときに起こりやすく、せっかくの美味しいアイスクリームを台無しにしてしまうというやっかいなものです。しかしながら食べかたを少しだけ気を付けることによって改善できるようです。

アイスクリームを食べるときに、特に夏だと溶けてしまうからとあわてて食べてしまうひとが多いようです。ですが、急いで食べてしまうと余計に脳がびっくりしてしまい、頭痛が起こりやすいようです。

アイスクリームを食べるときはゆっくりと味わいながら食べると頭痛が起こりにくく、一番の改善方法です。それに食べる場所も気温の高いところでなく、冷房がきいた室内で食べたほうが、頭痛もある程度改善できるようです。

冷たいものの食べ過ぎに注意しましょう

特に夏の暑い時期になると、アイスクリームやかき氷など冷たいものばかりを食べてしまいがちです。

頭痛を起こしてしまうということもありますが、冷たいものばかりを食べていると体を冷やしてしまいますし、胃腸にも良くなくおなかを壊してしまうこともあります。暑い時期は特に冷たいものばかりではなく、温かいものも食べるようにすることが大切です。

アイスクリーム頭痛を起こしてしまったときの改善方法としては、おでこに氷などの冷たいものをあてるか、または温かいものを口に入れると痛みも改善するようです。あと何よりも一番の改善方法は、アイスクリームやかき氷などはゆっくりと味わって食べることが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう