イヤホンの日 - 2018年1月8日 -

イヤホンの日は語呂合わせで決められた日。
しかし、イヤホンというものの由来や歴史などを知っておくとイヤホンの日が訪れた時など雑学として人に教えてあげられるなどのメリットがあります。

-AD-

イヤホンの日に役立つ雑学を学びましょう

イヤホンの日が来た時、イヤホンの歴史やイヤホンと呼ばれるようになった由来など雑学として覚えておけば、イヤホンの日にデートをした時には恋人に教えてあげる事が出来ます。イヤホンの日が飲み会やコンパの時など知識人として多くの人々から尊敬される事もあります。

さらに、イヤホンの日が接待の時など、新しい顧客に対して、いつもお世話になっている顧客に対して教えてあげれば、コミュニケーションを図るのにも役立つ情報になってくれます。イヤホンは携帯端末で音楽を聴く時には欠かせないアイテム、色々なメーカーが製品化しているわけですが、イヤホンの日に初めてイヤホンを製造販売したメーカーなどの事を知っていればイヤホンの歴史や由来として話をする事も出来ます。

EAR PHONEの造語などの由来があります

名称としての由来は英語のEAR PHONEに由来しています。EARは「イヤ」、PHONEは「ホン」、二つを組み合わせてイヤホンになったのが名前の由来です。イヤホンは音楽を楽しむ時に使う道具ですが、難聴の人が利用する補聴器もイヤホンの仕組みが利用されています。イヤホンの形は耳の中にすっぽり収まる形をしていますが、形が作られた由来も、イヤホンを耳の中に入れて使う事に由来しているわけです。

尚、昔のイヤホンは肌色をしているのが特徴です。こうした色の由来は耳に装着していても目立たない色、肌色にしておけば耳と同じような色などに由来しているわけです。最近はカラフルなイヤホンがあり、現代においてはおしゃれに由来していると言えましょう。

音楽を持ち歩く現代は当たり前のアクセサリー

イヤホンは英語のEAR(イヤ)とPHONE(ホン)に由来があると言わしているわけですが、イヤホンの歴史は古く、音楽を一人で楽しむものよりも、録音された音声を聞く時に聞き取りやすくするなどの目的がありました。現代のような品質が高いスピーカーなどがなく、雑音も多くあるので音声を聞き取るためには耳の中にすっぽりと収まるものが必要でした。

昭和初期の時代などはラジオは生活の中心、そんな歴史の中で音を一人で楽しみたい時、雑音が多いラジオ放送を聞き取りやすい装置で聞くなどの歴史があるわけです。尚、イヤホンの歴史の中では1890年頃に登場したと言われています。古い歴史があるイヤホンは音楽を持ち歩く時の道具として利用が行われるなど使い道などの歴史が変わっているなどの特徴もあります。

イヤホンの歴史の中には耳をかぶせるタイプも

イヤホンの歴史を調べると、ヘッドホンのような形をしているものを見る事が出来ます。イヤホンは耳の中に入れて使う道具、ヘッドホンは耳の外側に取り付けて音声を聞き取る道具などの違いがあります。また、イヤホンのジャックはミニジャックタイプ、ヘッドホンのジャックはPHONEジャックと呼ぶ、サイズが大きなタイプが主流になっています。

ヘッドホンの場合は耳の両側にスピーカーを設け、スピーカーを固定するためのヘッドバンドが付いているのが特徴です。これに対してイヤホンは耳の孔の中に装着して使用するためヘッドバンドなどがない、シンプルな形状をしているなどの違いもあります。また、イヤホンにはモノラルタイプとして片耳に式などもあります。

イヤホンの日に備えて雑学を覚えましょう

イヤホンの歴史を調べていると、無線などを行う軍人が使うヘッドハンド付きのヘッドホンのような形をしたイヤホンを見かける事もあります。これもイヤホンの一種であり、現代版のヘッドホンと言えましょう。尚、イヤホンの名前の由来はEARとPHONEの造語であり、こうした話をイヤホンの日にするのも良いですし、イヤホンはどのような形をしているもので、ヘッドホンとはどのような違いがあるのかを説明するのもイヤホンの日らしくお勧めです。

最近のイヤホンは長時間耳に装着していても耳が痛くなりにくい構造のものが多くなっていますし、音が外に漏れないような工夫が行われているものなども登場しています。イヤホンの日に備えて新しいイヤホンを購入して見てはどうでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう