エイプリルフールで嘘がつける時間帯と嘘の嘘の新年 - エイプリルフール 2018年4月1日 -

-AD-

嘘をついて良い時間帯

エイプリフールは、嘘をついて良い日として日本でも4月馬鹿として祝う人が多くいますが、エイプリフールには大きな3つのルールがあり、1つは嘘をついて良い時間帯、2つ目はついた嘘の種明かしの時間帯、3つ目は嘘をついていけない年がある事です。

エイプリフールは、4月1日1日中のべつ幕無し嘘をついて良い訳では無く、嘘をついて良い時間帯は4月1日の正午までと限られています。又、4月1日の午前中ついた嘘の種明かしは、4月1日の午後に必ず嘘をついた相手に告白し、午前中についた嘘の余韻を楽しむ事になっています。又、エイプリフールは、個人だけでは無く世界的な大企業のCMにも見られ日本では考えられない事ですが、国営放送でも嘘のニュース報道が映像付きで行われています。

エイプリルフールの起源と嘘の嘘の新年

エイプリフールは、嘘が許される時間帯だけでは無く、4月1日に嘘をつく行為自体を禁止する年があります。エイプリフールは、1564年まで3月25日〜4月1日までが新年とされてきたフランス国王シャルル9世により新年が1月1日に変更されたフランス市民の抗議活動として4月1日(嘘の新年)に馬鹿騒ぎしたのが起源と考えられています。

しかし、サン・バルテルミの虐殺を指示したともされる残虐性の高いシャルル9世は、嘘の新年を祝う市民達を大量に逮捕しては次々と処刑したとされています。フランス市民は、処刑された市民の中に13歳の少女がいた事を嘆き、1564年以降13年毎に嘘をついてはいけない嘘の嘘の新年がつったとされています。次回の嘘の嘘の新年は、2019年4月1日とされています

エイプリルフールの起源とされる諸説

エイプリフールは、一般的にフランスの嘘の新年が起源とされていますが、他にもノアの箱船説や揶揄節、逆さま祭り説、4月の魚説など数多くあります。ノアの箱船説は、アララト山についたノアが陸を探す為に離した鳩が何も持たずに帰ってきた4月1日を無駄な事をさせられる日としてエイプリフールが始まったと考えられています。

揶揄説は、3月25日〜3月31日まで寺院で座禅や読経などの修行するインドでは、修行の終わった4月1日には煩悩が復活し、人生に迷いが生じてしまう為に4月1日を揶揄節と読んだ事が起源の1つとされています。万愚節は、キリストがユダヤ人に愚弄された事を戒める万聖節に対して設けられた無礼講祭りであり、書類を逆さに書いたり身分を取り替えたりと全てを逆さにする祭りがエイプリルフールの起源とも考えられています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう