エイプリルフールに好きな人にどっきりをしかけてカップルの愛情を確かめる - エイプリルフール 2018年4月1日 -

-AD-

いきなり離婚届けを提出する

これは、既婚者間のエイプリルフールの、どっきりですが、いきなり、離婚届けを伴侶の前に提出してみるのも良いです。

もちろん、伴侶はとても驚き、びっくりします。ここで、どっきりでしたと、明かすのはまだ早いです。相手の出方をみるのも楽しいですが、さらに追い打ちをかけるように、離婚したくなった理由を明かすのも効果的でしょう。

例えば、他に好きな人ができたなどというのも良いでしょう。また、他にも、別の男性と浮気して、子供できてしまったなどというのも、相手をショック状態に陥らせるのに非常に効果的でしょう。

相手は困惑し、当惑します。相手の出方を見るのも楽しみの一つでしょう。怒ったり、離婚を拒絶したりするのがふつうの反応でしょう。そして、種明かしをして、相手を安堵させてあげましょう。こういったサプライズも伴侶との間の絆を強くする要因になります。

いきなり好きな人ができたと言ってみる

現在の日本では、晩婚化が進んでいます。男性の初婚時の平均年齢は30歳で、女性は29歳です。これは、カップルにならなくても、独身でも食べていけるからこのようになったのです。

また、草食系男子などの言葉が生まれ、男性は女性に対して、言い寄らなくなりました。このこともカップルの数が減っている原因になっています。

そんな貴重なカップルですが、こうしたカップルが結婚できるようにするためにも絆を強固にする必要があります。そのためにエイプリルフールを活用するのもありでしょう。

例えば、エイプリルフールに、相手に対して、いきなり、好きな人ができたと言ってみるのも良いでしょう。相手は当然驚き、ショックを受けますが、種明かしをすれば、安堵し、相手のいることの重要性を再認識し、カップル間の愛情は増すでしょう。

いきなり両親を登場させる

現在の日本では少子高齢化が進んでいます。その背景には、草食系男子などに代表されるように、恋愛に奥手な若者達が増えていることがあげられます。

また、おひとり様という言葉が、定着したように、社会全体で、独身の若者のニーズに応えようという動きもでてきています。要するにカップルが誕生しにくい土壌が今の日本にはあるのです。ですので、今の日本にはカップルは非常に貴重です。

彼らを結婚まで導き、日本の少子化の流れに歯止めをかけてもらいたいと、多くの日本人は思っています。そんなカップルの絆を強めてくれるのがエイプリルフールのどっきりです。

例えば、彼女が、いきなり、自分の両親を登場させるという、どっきりです。これには、彼氏も非常に驚くでしょう。彼女は自分の好きな人が両親に対してどのように振舞うかを観察できる良い機会です。彼氏は彼女の本気度を知り、より愛情が深まるでしょう。

エイプリルフールに、マズイ料理を出す

これは、彼女が好きな人に対して愛情を確かめるためのどっきりです。

まずは、彼女は料理を作ると言って、好きな人を呼び出します。腕を振るって自慢の料理を作る、などと言うのも良いでしょう。そこで、彼女はとてもマズイ料理を好きな人に出します。好きな人は反応に困るはずです。

彼女が自慢の料理だと言って出した料理をけなしたりすることはできないはずです。苦慮しながらも、うまいとほめてくれるはずです。このどっきりはここでは終わりません。

さらに、自慢の料理を好きな人にだしてみるのです。二つめの自慢の料理を出されて、しかも、激マズという状態に好きな人は非常に戸惑うはずです。ここで、このどっきりの種明かしをします。彼氏は安堵するでしょう。

そして、彼女は彼氏が自分のために、美味しいと言って嘘をいってくれたことで、愛情を再確認することができるでしょう。このカップルの愛情は必ず増すはずです。これがエイプリルフールの有効な活用方法だと言えます。

エイプリルフールに、ゲイだと言ってみる

カップルの日常は、長く続けば続くほどマンネリ化してきます。そこで、エイプリルフールにどっきりで、カップルに刺激を与えるのも良いでしょう。

例えば、男性が、女性の伴侶に対して、実はゲイだったんだ、などと切り出してみるのも面白いでしょう。当然、どっきりを仕掛けられた、女性は驚きます。今までの付き合いはなんだったんだと怒るかもしれません。

しかし、そういった反応を見るのもエイプリルフールの楽しみの一つです。ここでは男性はことさらに深刻に告白する必要があります。それがリアリティを持たせ、どっきりを成功へと導くのです。そしてさらに、好きな同性の相手ができたと切り出します。

女性は涙を流すかもしれません。ここで、種明かしをします。今日はエイプリルフールだと。女性は安堵するでしょう。こうしたどっきりが、カップルに再び緊張感をもたらせ、マンネリを打破してくれるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう