エイプリルフールにLINEで告白された場合の返し方 - エイプリルフール 2018年4月1日 -

-AD-

エイプリルフールに告白する人は実は多い

エイプリルフールと言えば、嘘をついても良い日として一般的には知られています。普段は「人に嘘をついてはいけない」というのが当たり前なのに、なぜこの日だけはOKなのか不思議なものです。

しかし、そんな日を利用して好きな人に告白をするという人は実は多いのです。

その日に告白をして、もしOKがもらえたらそれはそれで良いことですし、万が一振られてしまったとしても「冗談だよ」と笑って誤魔化す返し方ができるので、後々気まずさを感じなくても済むのです。

このエイプリルフールという日は、告白する側の逃げ道を与えてくれるため、他の日に告白するよりもプレッシャーを感じなくてもよくなるということで、多くの人がこの日を利用するのです。

LINEでの告白が主流となりつつある

今日では人々の連絡手段としてLINEが主流となってきています。自分が送ったメッセージを相手が読んでいるかどうかが分かりますし、またチャットのように会話をスムーズに進めやすいといった利点から多くの人が利用しています。

気軽に他者とコミュニケーションがとれるということから、中にはこのLINEでのやり取りが日常的な会話よりも相手との距離感を近く感じることができると錯覚してしまいます。

そういった傾向から、大切な告白すらもLINEで行おうとする人も増えてきているのです。

もちろん思いの伝え方は人それぞれなので良い悪いはありませんが、こうしたLINEでのやり取りによって、直接顔を合わせて会話をするよりも画面越しでのやり取りが主流となりつつあるのは事実です。

本気と嘘の見分け方とは

エイプリルフールに告白された側としては、本気なのか嘘なのかを見分けなければなりませんし、どんな返し方をすべきかを考えなければなりません。

特にLINEで告げられてしまうと、メッセージを読んだことが相手にばれるので、なるべく早く返事をしなければという焦りも出てきてしまいます。

直接顔を合わせている状態であれば、相手の表情などから感情を汲み取ることも可能ではあるのですが、LINEという画面越しのやりとりでは判断が非常に難しくなります。

そのため告白の言葉で、本気か嘘かを見分けるのではなく、告白される側の返し方によって探るしかありません。

告白された側としては少々面倒ではありますが、そこはわざわざエイプリルフールという日を選んだ相手に合わせた返し方をするとよいでしょう。

自分も相手も傷つけない返し方

まず、相手のことを自分も好きである場合は「自分も好きだよ、エイプリルフールだから今の告白が本気なのか冗談なのかは分からないけど」と自分の気持ちも織り交ぜた返し方をするとよいでしょう。

もし、相手のことを好きではない場合には「ありがとう、気持ちだけもらっておくよ」と素直にお断りを入れましょう。

すると相手は「エイプリルフールの冗談だよ」と逃げ道に入る可能性が高くなるため、そうした返し方をされた時には「そういえば今日はエイプリルフールだったね、忘れてたよ」と笑って流してあげましょう。

ここで大切なのは、相手の逃げ道をつぶさないことです。そうすれば次に顔を合わせる機会があっても、気まずさを感じずに済むでしょう。

相手を困らせている自覚を持つべし

エイプリルフールにLINEで告白するという人が増えているのは事実ですが、これは告白する側しか守られていません。

どんな返し方をされても逃げ道を設けることができ、告白に失敗したからといって後々気まずさを感じなくてもいいように自分を守ることになります。

しかし、この日をわざわざ選んでLINEで告白をするというのは、相手にとってはとても困るのです。本気なのか嘘なのかも分かりませんし、どのような返し方をすればいいのかと悩ませる結果となります。

エイプリルフールに告白をするのであれば、相手を困らせている自覚を持つべきです。

LINEではメールと違って可愛らしいスタンプなども多く、なるべく柔らかい文章を作ることが可能です。

そういうものを利用すれば返し方も工夫しやすいのですが、そういった気を遣わなければならないという点では、LINEでの告白のやり方というのもきちんと考える必要があるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう