企業におけるエイプリルフールの活用事例について - エイプリルフール 2018年4月1日 -

-AD-

企業とエイプリルフールについて

エイプリルフールとは4月1日が嘘をついても良い日であると言うことを示す言葉です。相手を驚かせたりびっくりさせたりするのが一般個人の中で楽しまれています。このような仕組みを企業で活用しようとするチャレンジを行っているケースが近年増加傾向にあります。しかしながらビジネスを行う会社にとって信用は重要なものです。ただ単に嘘をつくという事はマイナスイメージにしかつながりません。

そのためいかに相手をびっくりさせるか、または楽しませるかと言う点に注力するのが一般的です。そのための方法には様々な方法がありますが、毎年驚くような仕掛けを用意して楽しませてくれる企業などはエイプリルフールを大きな宣伝機会とすることに成功しています。エイプリルフールの活用事例としては発想や技術力を活用した楽しいものが多いのです。

注目を集めるためのエイプリルフール

エイプリルフールの機会を使って知名度を高めようとする会社は少なくありません。自社サービスや自社商品を利用して面白いイベントを開催すると言うのは比較的よく行われていることです。最近ではインターネットに関連する業者が自社サービスの中で非常に個性的で面白い試みをエイプリルフール限定で公開するなどの対応が行われています。

普段利用しているサービスであっても、そうでなかったとしても、普段とは異なるサービスの側面を見せることが企業にとって技術力の宣伝に繋がったり注目を集めるための手段になるのです。このような効果を期待して多くの企業がさまざまなチャレンジを行っています。全般的によるのは誰かを傷つけるような嘘ではなく、明らかに嘘であると言うことがわかる上に、それが人を楽しませる面白いものであると言うのが一般的です。

エイプリルフールと宣伝効果について

エイプリルフールを利用して面白い試みを行う背景には宣伝効果があります。しかしながら必ずしも注目してもらえるとは限りません。上手な活用事例は何らかのメディアに取り上げてもらうと言う方法を試みています。ニュースなのにこれは面白いと取り上げられると非常に多くのチームが集まります。技術的に高く見てみたくなるような試みをしている企業のウェブサイト等には、普段そのサービスとは縁遠い人であっても見に来る可能性があります。

そのような機会を最大限活用することでこれまでにはなかったつながりを作ろうとするのがエイプリルフールの賢い活用事例と言えるでしょう。それぞれの企業なりの考え方にも様々なものがありますが、成功している活用事例を見ると、やはり人を楽しませようとする努力はしている企業の試みに注目が集まっていると感じられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう