これだけは守っておきたいエイプリルフールのジョーク - エイプリルフール 2018年4月1日 -

-AD-

下手なジョークは人を怒らせる

4月1日になると、エイプリルフールとして多くの人がウソやジョークを言おうとします。海外のエイプリルフールを見ると、マスコミなどもウソの記事を書くなど、文化として根付いていることもあり、そうしたものには寛容です。しかし、日本ではいまだにエイプリルフールの文化が浸透しているということはなく、下手にウソをついて、誰かが真に受けて怒るという光景が見られます。

下手なジョークは人を怒らせるだけでなく、大切な人を傷つける恐れがあります。そのため、エイプリルフールでジョークを言う場合には細心の注意が必要なだけでなく、そのジョークがもし自分に言われた場合であっても笑えるのか、誰に対して言っても大丈夫なのかといったことを想定しておくことが大切です。軽はずみに言ってしまって取り返しのつかないことになってはいけません。

人を傷つけるジョークはダメ

エイプリルフールでジョークを言う際に気をつけておきたいことは、人を傷つけるようなものは避けることです。例えば、頭髪の薄い人に対し、最近髪の毛が増えてきましたねという言葉をエイプリルフールの日に投げかけ、ウソだったことを伝えるのは明らかに嫌がらせの範疇です。人間の容姿に関すること、立場のことなどその人が気にしていることをジョークにしてしまうのは相手が真に受けてしまい、いいことがありません。

誰かが死んだ、事故に巻き込まれたというのも笑えないので絶対に避けることをおすすめします。エイプリルフールではないかと思う人より、大丈夫だろうかと心配する人が多く、人を傷つけるだけでなく、なぜそのようなことをいくらエイプリルフールだからといって言うのだろうかと人格を疑われることにつながります。

守るべきことは誰も傷つけないこと

大切なことは誰も傷つけないようなウソをつくことです。そして、ウソをつく本人が全てを演じることで笑いに変わることになります。あまりにシリアスなものでは真に受けられてしまい、後で怒られる可能性がありますが、誰も傷つけず、自分だけが傷つくようなものであればそこまでのダメージもありません。

日本人は意外とエイプリルフールの認識がなく、ウソをつかれてから今日はその日かと感じ、面倒に感じる人も少なくありません。そして、関係性が薄い人からのウソ、関係性が薄い人へのウソも同様です。中には例外もありますが、たいていの人はエイプリルフールを楽しもうという気はあまりなく、年度末明けで心機一転という気持ちになっている人がほとんどです。ウソをつく場合にもそのリスクを認識し、前フリやオチを十分意識することが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう