カイロの日には様々な種類と特徴をチェック - カイロの日 2018年12月1日 -

カイロの日はあまり知られていないかもしれませんが、カイロの需要は毎年安定しています。
カイロの種類に関しても様々なものが登場していて、それぞれに特徴が異なっています。

-AD-

進歩を続けるカイロの世界

寒くなってくると一気に需要が高まるのがカイロです。多くの方が便利に使用しているカイロですが、実はカイロの日と呼ばれる日があります。カイロの日はカイロの需要が大きく上昇する時期に制定されました。カイロの日がインターネット上で話題になることもあります。カイロにはよく知られている種類の他にも様々な特徴を持ったものがあります。

このカイロの日をきっかけにして、多様なカイロの種類を知っておくと寒い冬に備えられるかもしれません。いつも同じように見えていてもカイロはどんどんと進歩を続けています。それに伴ってカイロの種類も増えてきています。それぞれの特徴を把握することで状況や必要性に応じたカイロを選択しやすくなり、より効率的に温めることができます。カイロの日をきっかけに覚えておくのもおすすめです。

シンプルにして使いやすいカイロ

カイロの中でもよく知られているのが鉄粉や塩などを入れた使い捨てカイロです。このカイロは鉄粉と酸素が化合することによる発熱効果を利用しています。シンプルな構造ではありますが、適度に温度上昇が抑えられ、価格も安価であるというメリットがあるので幅広い年齢層が使用しています。振ることで何度も温められる点も利点です。

それによく似た商品として木炭カイロという種類もあります。木炭カイロは昔ながらのカイロの1つであり、準備に時間がかかるといったことからあまり出回っていません。しかし、その様子に風情があると感じる方もいて、インターネットなどでは今でも購入できる可能性があります。持続時間は7時間程度となっています。

USBなどで充電できるカイロの特徴

昨今では非常に利便性の高いカイロの種類が登場しています。その代表格が充電式カイロです。USBなどを使用することで充電できる電気式のカイロであり、温度調整などが行えるのが特徴です。使い捨てでない点、充電すれば外出中でも使用できる点など豊富なメリットがありますが、まだこれから進歩していく途上にあるとも言えるカイロです。

ハンディウォーマーもカイロの種類の1つです、プラチナの触媒作用を利用しているのが特徴であり、非常に長い時間に温かさが持続します。その熱量は使い捨てのカイロの約13倍とも言われています。オイルに火をつけるという手間がかかりますが、その分大きな効果を発揮するカイロです。

環境に配慮したカイロの特徴

カイロにおいてエコというのは1つのテーマになっています。そのため、エコカイロという種類も登場しました。エコカイロは保温材に酢酸ナトリウムを使用していて、使用後に吸熱させることで再利用することができるカイロです。中に入っている金属片を刺激することで任意のタイミングで温かくすることができます。使用後はお湯に入れることで繰り返し使うことができるのが特徴です。

一度の吸熱で使用できるのは1時間程度と短めですが、何度も使えるので環境に優しいという特徴を持っています。繰り返し使えるという点では充電式カイロと共通していますが、熱を蘇られる方法が異なっています。エコカイロはお湯が必要ですが、ケーブルが不要です。

カイロの日をきっかけに種類と特徴を把握して温まろう

カイロはよく知られているもの以外にも様々な種類があります。カイロについて普段はあまり考えることが少ないかもしれませんが、このカイロの日を機会にチェックしてみるのも良いかもしれません。自分が使いやすいと感じられるカイロが見つかれば、便利に扱える可能性もあります。カイロは年々進歩を続けていて新たな特徴を持ったものや新たな種類が登場しています。

カイロの日にはテレビ番組などで話題になることもあるので、その際にカイロについて調べるのもおすすめです。カイロの日はそれほど知られている日ではないので、何気ない話題としてももうってつけです。カイロの日をクイズにしてみるのも良いかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう