効果的な貼り方!部位!カイロの日 - カイロの日 2018年12月1日 -

カイロの日、最近では、さまざまなタイプのカイロが出ていて、部位によって使い分けることもできます。
効果も異なるので、どの部分に貼るのが効果的なのか、把握しておくことが大切です。

-AD-

カイロの日!冷える部分に貼って

カイロの日には、いろいろな種類のカイロもあるので、冷える部分に貼って、体を温めましょう。寒くなる冬の時期は、ストーブをつけていても、寒さを感じる人も多いです。特に冷え性の人は、改善するために、自分が冷えを感じる部位に、カイロを貼ることで、冷えを予防する効果があります。

カイロは、長時間効果が持続するので、朝に貼って、夜まで温かさが持続します。体が冷えていると、風邪にもつながるので、貼る部位によって、効果も異なるので覚えておくと良いでしょう。東北地方の人は、冬になると、寒さを感じる人も多く、日ごろからカイロを手放せない人も多いです。お腹や、下半身を中心に温めることで、冷え性の予防にもつながります。

カイロの日!お腹周りを温める

女性は、特に冷え性で悩んでいる人も多いでしょう。お腹の部分を温めると、体全体も温まる効果があります。特に下半身が冷えると、体全体に冷えを感じることが多いので、お腹周りを温めるようにしましょう。貼る部位によって、効果も異なるので、意識しながら貼ると効果的です。

お腹が冷えやすい人は、お腹の部分に張ると、下半身全体を温める効果があります。特に女性は、ホルモンバランスの乱れや、生理の時は、お腹が冷えやすくなるので、下腹部のあたりに張ると良いです。腸の働きも良くなるので、カイロの日は、お腹部部に貼って、冷えから体を守りましょう。便秘の改善にもつながります。体を冷やさないことが健康につながります。

女性も冷え性予防!カイロの日

40代を迎えると、ホルモンバランスの乱れも起こりやすくなり、男性、女性も、腰痛の症状で悩む人も多いでしょう。筋肉の低下によって、関節の痛みや、関節部分をつなげるクッションがすり減ることで、痛みが生じることもあります。慢性の腰痛を改善するには、腰の部位を温めることで、症状が改善されます。

腰の冷えから、慢性の痛みが出ることも多いので、冬場は特に、腰を温めることが大切です。腰の部位にカイロを貼ることで、背中も温まるので、冷え性も防ぐことができます。腰の部位にカイロに貼ると、体全体が温まる効果が期待できます。カイロの日は、痛みの出やすい部位、冷えやすいところにカイロを貼って、冷えから体を守りましょう。

足元の冷えを解消!カイロの日

高齢の人は、足の指先に寒さを感じる人も多いでしょう。自律神経の乱れによって、足の裏や、指先が冷えている人が多いです。足には、つぼが多くあるように、自律神経もたくさん通っている部位です。足に貼るカイロも出ているので、靴下の上から貼ると、足元が温まり、冷えを予防する効果があります。

カイロの日は、貼る部位をわけて、上手に使うのも良いでしょう。効果を実感できるように、冷えを感じやすい部分に貼ると効果的です。足の指先が冷たいと、感覚も鈍くなり、転倒しやすくなることもあります。足元を温めると、体の血液の循環も良くなるので、健康にもつながります。特に、女性や、高齢の人は、足元の部位にカイロを貼ると効果的です。

カイロの日は体を温めて!健康に

カイロは、寒い時に、体に貼ると体を温める効果があるので、冷え性を予防することもできます。特に女性は、寒い冬に我慢をしていると、ホルモンがバランスにも影響を与えます。高齢の人は、腰や、足を温めることで、関節痛を和らげる効果もあります。カイロの日は、冷える部位を温めて、健康に冬を乗りきりましょう。

腸の働きが良くなったり、お腹を温めると、ストレスの軽減にもつながり、便秘も改善する効果があります。足の裏に貼ることで、血行も良くなるので、温かいと感じる部位に、カイロを貼って、冷えを予防しましょう。体を温めると、食欲増進にもつながり、健康で過ごすことができます。無理をしないで、カイロで体を温めて、快適に過ごしましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう